壱岐新聞の購読料は4月分より、月契約の方は、月1,000円(税別)、年間契約の方は、11,000円(税別)となります。
「壱岐新聞社ホームページ」に掲載の記事・写真・動画など無断転載を禁じます。著作権は壱岐新聞社またはその情報提供者に属します。

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20177/21

社説・災害時のマスコミの役割は

日が経つにつれて、九州北部豪雨の被害の詳細が明らかになり、改めてその自然の猛威に震撼させられる。災害から2週間近くが経過しても、テレビではニ…

20177/21

4日から選挙戦スタート。30日投開票 壱岐市議選

任期満了に伴う市議会議員選挙は23日に告示、30日に投開票が行われる。定数16人に対し、6月22日の立候補予定者説明会、7月14日までの立候…

20177/14

山石さん飼養「かねはる」、全共宮城大会3区出場決定。

5年に1度の「和牛のオリンピック」、第11回全国和牛能力共進会(9月7~11日・宮城県仙台市)への出場牛を決定する県代表牛選考会が7日、平戸…

20177/14

社説・防災無線のシステム構築を

6~7日の九州北部豪雨は、九州各地に大きな被害をもたらした。被災された方々にお見舞い申し上げます。 本市も1週間のうちに豪雨、台風、豪雨。…

20177/14

勝本小近くで道路陥没。芦辺で観測史上最大降水量。

本市では6月29~30日の「50年に1度の記録的大雨」に続いて、6日午前0時から午前6時までの6時間に芦辺町の測候所で250・5㍉の降水量を…

20177/7

社説・選挙の事前運動は新聞社も厳禁

市内は3週間後に迫ってきた市議選の話題で盛り上がってきている。壱岐市民はどの選挙でも投票率が高く、政治への関心、意識が極めて高い。これは大い…

20177/7

50年に1度の大雨。寺の本堂が全壊。

対馬海峡に停滞する梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、6月29日から30日にかけて大気の状態が非常に不安定になり、本市では「50年…

20177/7

「原爆の悲惨さを語り継いで」芦辺中で被爆者の丸田和男さんが講話。

県文化観光国際部国際課は被爆体験講話者派遣事業の一環で、6月30日に同事業としては本市で初めての被爆者講話を芦辺中学校(豊坂敏博校長、191…

20176/30

特殊詐欺を未然に防止。2人に壱岐署長感謝状。

壱岐署(原口正広署長)は22日、特殊詐欺被害を未然に防止したスーパーバリューイチヤマ本店従業員の松田理絵さん(26)と、親和銀行壱岐中央支店…

20176/30

社説・おいしい話には必ず裏がある

市内でも特殊詐欺の被害が出ている。その手口を取材すると、何故そんな単純な誘いに引っ掛かるのかと思ってしまうレベルなのだが、人間は言葉巧みな甘…

ページ上部へ戻る