スポーツ

郷中野球部が県大会3連勝 決勝で中上が1安打完封 全日本少年軟式 野球春季県大会

第39回全日本少年軟式野球春季大会県大会が7、8日に島原市営球場などで開かれ、県内各地の予選を勝ち抜いた16チームが出場。壱岐地区代表の郷ノ浦中学校は決勝で諫早中学校と対戦。6回まで両軍無得点の緊迫した投手戦となったが、7回に郷ノ浦が敵失をきっかけに1点を先制し、その裏を郷ノ浦守備陣がきっちりと守り、先発・中上は1安打完封で勝利した。壱岐地区代表チームは今大会初優勝で、郷ノ浦中は7月2、3日に本県で開かれる九州ブロック大会に県代表として出場する。これで昨年の県中学新人大会、日本プロ野球OBクラブ杯県大会に続く県大会優勝となり、3月の九州中学生選抜大会で九州NO1に輝いた実力を遺憾なく発揮した。

関連記事

  1. 盈科少年軟式野球クラブが準優勝 市長旗玄界灘少年野球大会
  2. 5競技に500人出場 第63回秋季市民体育大会
  3. 山本啓介県議後援会が総決起大会 県議選3日告示
  4. 郷ノ浦が両部門優勝 壱岐一周駅伝
  5. 壱岐は2回戦敗退 高校野球長崎県大会
  6. 最優秀賞に郷ノ浦・貞方陽菜さん 第65回中学生弁論大会
  7. 江戸時代末の壱岐と比較 一支国博物館で「壱岐名勝図誌展」開幕
  8. 500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP