スポーツ

郷中野球部が県大会3連勝 決勝で中上が1安打完封 全日本少年軟式 野球春季県大会

第39回全日本少年軟式野球春季大会県大会が7、8日に島原市営球場などで開かれ、県内各地の予選を勝ち抜いた16チームが出場。壱岐地区代表の郷ノ浦中学校は決勝で諫早中学校と対戦。6回まで両軍無得点の緊迫した投手戦となったが、7回に郷ノ浦が敵失をきっかけに1点を先制し、その裏を郷ノ浦守備陣がきっちりと守り、先発・中上は1安打完封で勝利した。壱岐地区代表チームは今大会初優勝で、郷ノ浦中は7月2、3日に本県で開かれる九州ブロック大会に県代表として出場する。これで昨年の県中学新人大会、日本プロ野球OBクラブ杯県大会に続く県大会優勝となり、3月の九州中学生選抜大会で九州NO1に輝いた実力を遺憾なく発揮した。

関連記事

  1. 壱岐出身2選手が優勝目指す ソフトボール・豊永優
  2. 人気急上昇離島で全国3位 夏休み宿泊予約83%増
  3. 弥生土器でひな壇 一支国博物館
  4. 岩牡蠣祭り開催 郷ノ浦漁協
  5. 勝本が完封勝ちで優勝。市長旗争奪中学軟式野球。
  6. 武生水が総合優勝 郷ノ浦町老人スポーツ
  7. 女子郷ノ浦が4連覇。男子勝本は全員区間賞。市中体連駅伝大会
  8. 男子A・Dでリレー2冠、4種目で優勝。竹下紘夢が最優秀選手。県ジ…

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP