政治・経済

平均価格8年ぶりに60万円割れ 壱岐家畜市場10月子牛市は大幅下落

JA壱岐市の10月子牛市が1、2日に壱岐家畜市場で開かれ、平均価格は57万7463円(牝48万799円、去勢64万9341円)で、前回の8月市場と比べて5万4870円の大幅下落となった。前回対比は91・3%だった。初日は94・9%とまずまずの成績だったものの、2日目になって87・9%と大きく落ち込んだ。
平均価格が60万円を下回ったのは、2014年12月市場の59万20円以来、約8年ぶり。57万円台は同年10月市場の57万211円以来のことだった。
牝は4万7858円減の91・0%、去勢は6万2403円減の91・2%と、牝・去勢とも同様の下落傾向となった。入場頭数は687頭、売却頭数は680頭で、販売総額は3億9267万4700円。売却頭数は前回よりも16頭増加したが、販売総額は約2700万円減少した。
コロナ禍による牛肉消費の低迷に加えて、ロシアのウクライナ侵略の影響で原油や飼料価格高騰が深刻な状況になっており、肥育業者の買い控えを招いている。国・県・市の各種対策は施されているが平均価格下落に歯止めがかかっていない。
9月21、22日の平戸口中央市場の平均価格は58万2118円で、20年4月市場以来の50万円台。9月13、14日の五島市場も54万7861円と、県内全域で子牛価格の下落が続いている。

関連記事

  1. 10人以上での会食も容認 10月29日から人数制限解除
  2. 炭酸割りで楽しむ「イキボール」 玄海酒造が新発売
  3. 3選出馬表明を持ち越す 白川博一市長
  4. 「里親の指導は不当ではない」と推察 県離島留学検討委員会が最終報…
  5. 重家酒造の日本酒など台湾へ進出 「壱岐を知ってもらえるきっかけに…
  6. CO2吸収量 36・6㌧分売れる 磯焼け対協のJブルークレジット…
  7. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所…
  8. 台風11号が対馬海峡を通過 壱岐空港で最大瞬間風速35・0㍍ 1…

おすすめ記事

  1. ジャガイモ「壱岐黄金」 平人営農組合が収穫祭
  2. 小島神社参道改修の支援募る 田河まち協と氏子会が連携
  3. 守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

歴史・自然

PAGE TOP