政治・経済

バナナ園内にカフェ 観光農園にリニューアル

芦辺町湯岳興触でバナナを栽培する株式会社コスモファーム(住吉節子代表取締役)は16日、観光農園「BANANA FARM IKI」をオープンさせた。

同社は2020年11月から栽培。ハウス内で150株を育て、今年2月には初の収穫を行っている。今回は、芦辺港近くのバナナジュース店「壱岐王様8710」を園内に移しカフェ「BANANA OASIS」として新規オープン。園で収穫されたバ

ナナをより新鮮なうちに提供できるようにした。バナナジュースのほか、バナナソフトクリームやまんじゅう、クッキー、バナナの幹や葉で作られたトレイや皿も販売している。

オープンに先立ち11日には、同社の応援団長を務める華道家の假屋崎省吾さんと住吉代表がテープカット。住吉代表は「バナナオアシスは、島内の方の癒しの場所になればと思い名付けた。島内外の方に栄養たっぷりのバナナジュースを飲んでいただき、免疫力アップで夏の暑さを乗り切っていただきたい」とあいさつ。假屋崎さんは「大勢の方に壱岐に来てもらい、一人でも多くの方に美味しさを実感してもらいたい」と話した。

同社の各種情報や問い合わせは、インスタグラムやフェイスブックなどSNSで発信している。

関連記事

  1. 企業版ふるさと納税に感謝状 1千万円寄附のファウンテック
  2. 万歳三唱で祝う 対象者448人市還暦式
  3. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  4. 壱岐上空遊覧を満喫 ORC創立60周年記念
  5. 本市で3度目の県市長会議 国、県への提言24件を承認 白川市長が…
  6. 長崎コンシェルジュに2人認定 ビューホテル壱岐
  7. 高さ16㍍の屋上から紅白餅まき 11日に睦モクヨンビル棟上げ
  8. 長澤みずきさんを任命 地域おこし協力隊

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP