政治・経済

バナナ園内にカフェ 観光農園にリニューアル

芦辺町湯岳興触でバナナを栽培する株式会社コスモファーム(住吉節子代表取締役)は16日、観光農園「BANANA FARM IKI」をオープンさせた。

同社は2020年11月から栽培。ハウス内で150株を育て、今年2月には初の収穫を行っている。今回は、芦辺港近くのバナナジュース店「壱岐王様8710」を園内に移しカフェ「BANANA OASIS」として新規オープン。園で収穫されたバ

ナナをより新鮮なうちに提供できるようにした。バナナジュースのほか、バナナソフトクリームやまんじゅう、クッキー、バナナの幹や葉で作られたトレイや皿も販売している。

オープンに先立ち11日には、同社の応援団長を務める華道家の假屋崎省吾さんと住吉代表がテープカット。住吉代表は「バナナオアシスは、島内の方の癒しの場所になればと思い名付けた。島内外の方に栄養たっぷりのバナナジュースを飲んでいただき、免疫力アップで夏の暑さを乗り切っていただきたい」とあいさつ。假屋崎さんは「大勢の方に壱岐に来てもらい、一人でも多くの方に美味しさを実感してもらいたい」と話した。

同社の各種情報や問い合わせは、インスタグラムやフェイスブックなどSNSで発信している。

関連記事

  1. 眞鍋副市長を再任 2期目、任期は4年
  2. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会
  3. 市長選で子ども選挙実施へ 実行委が選挙委員募集
  4. 農事組合法人勝本に 知事賞 ながさき農林業大賞
  5. 「里親の指導は不当ではない」と推察 県離島留学検討委員会が最終報…
  6. 郷ノ浦町坪触の県道一部トンネルに 来年度中完成へ
  7. 「OMOYA GIN」 品評会洋酒部門で金賞
  8. 市がSDGs認定制度創設 初研修会に10人受講

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP