地域情報

秋の夜空に2千発 壱岐島ふるさと花火


壱岐島ふるさと花火2022(同実行委員会主催)が9日、郷ノ浦湾で行われ、市民が秋の夜空に打ちあがった約2千発の花火を楽しんだ。
郷ノ浦町の花火は、2018年に約40年ぶりに復活し今年で5回目。盆時期の新型コロナ流行拡大を懸念し、今年は秋に開催した。観覧会場の郷ノ浦新岸壁には、出店が並んだ前夜祭を含め約4千人(実行委調べ)が来場した。
花火当日はあいにくの雨模様となったが、打ち上げ開始の午後7時半頃から雨脚が弱まり、観覧会場で観客は、打ち上げ開始頃は開いていた傘を畳んでカメラに持ち替え、花火を収める姿が見られた。

関連記事

  1. 外務省・笹原直記さんが副市長として地方創生を担当 9月1日着任
  2. しまごと芸術祭が開幕 絵画・写真展に55作品
  3. 中村知事が滑走路延長に否定的見解。壱岐市から県知事要望。
  4. 「ストップ孤立」
  5. イオングループが壱岐市で婚活支援 「ミライカレッジ壱岐」
  6. イルカパーク入園者100万人~10月7日、オープン23年目で達成…
  7. 壱岐高校生徒が成果発表。SDGs地域連携フォーラム
  8. 生涯学習と伝承 石田野広場で交流

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP