© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20188/3

初山小が団体戦準優勝。子供自転車県大会

第43回交通安全子供自転車長崎県大会が7月24日、長崎市の県立総合体育館で開かれ、壱岐地区代表として37年連続出場した初山小学校が、団体戦出場22チーム中、準優勝を果たした。同校は7人のメンバーから市山煌太キャプテン(6年)、山内琉空(6年)、長嶋芭奈(5年)、冨永愛斗(5年)の4人が出場。学科(600点満点)は冨永が590点を獲得したのをはじめ、4人とも570点以上の高得点を獲得。実技(600点満点)も6年生2人が565点の高得点で、総合4499点(学科2320点、実技2179点)で2位となった。優勝は大村中央で4515点(学科2260点、実技2255点)で、初山はわずか16点及ばず、平成24年以来5度目の優勝を逃した。個人戦では山内が1145点で5位、市山も同得点で6位(実技・安全部門の得点優先)入賞を果たし、冨永も550点で7位に入った。

市山キャプテンは「準優勝というのは嬉しいが、1位とは16点という小差だったので悔しさもある。学科、安全実技は全体に良かったが、技能でいくつかミスがあった。個人では昨年の17位から6位入賞まで順位が上がったので良かった」と笑顔を見せた。個人戦5位入賞の山内は「ピン(ジグザク走行)で足を着いてしまい、板でも落下があって、練習のようにはうまくできなかった。それでもチームの準優勝に貢献できたので安心した。チームワークの良さがこの結果につながった」。山内は全国小学生陸上の4×百㍍リレーのメンバーとして大会を控えており「この経験を陸上で活かしたい」と話した。5年生ながら個人戦7位の冨永は「学科で590点取れたのが嬉しかった。来年の大会に向けて実技をさらに練習して、来年こそ優勝したい」と雪辱を誓った。

リザーブ選手を務めた大久保結貴(6年)、鋸﨑芽吹(6年)、橋川綾弓(6年)とともに7人は26日、結果報告のため壱岐警察署を訪れ、横山信也署長に「交通指導員の先生方のご指導と、皆様の協力で準優勝することができました」と報告。横山署長は7人に記念品(文具セット)を贈り、好成績を讃えた。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20194/19

6人が30年度活動成果報告。市地域おこし協力隊員

本市で地域おこし協力隊員として活動中の6隊員(梅田はつみ、山内裕介、島居英史、市原未湖、中村陽子、小林伸行さん)が6日、壱岐の島ホールで平成…

20194/19

地域の力で自殺防止を。

市はこのほど、「壱岐市いのち支える自殺対策計画」を発表した。 全国的な自殺者数は平成10年に3万人を超え、23年までは3万人以上という…

20194/19

「豊富な資源を一方向へ」~国、県予算の有効活用を主導。黒﨑振興局長インタビュー

4月1日付けで大㟢義郎局長に代わって、黒﨑勇局長(56)が壱岐振興局に着任した。壱岐市への赴任は初めてだが、市町村課市町村合併推進室、合併・…

20194/12

チューリップが満開。桜とともに花見。

壱岐の風物詩、半城湾のチューリップ畑が、桜の満開とほぼ同時に開花のピークを迎えている。 畑は郷ノ浦町庄触の牧永護さんの敷地で、牧永さん…

20194/12

壱岐と「令和」のつながり。

新元号の「令和」の典拠は「万葉集」の巻5、梅花の歌三十二首の序文とされ、初めて日本の古典から選定されたと話題になっている。壱岐島は同じ日本の…

ページ上部へ戻る