政治・経済

山内さん、松本さんが当選 5人立候補の市議補選

市議補選の開票は市長選開票作業に並行して行われ、午後8時26分の中間発表(開票率50・46%)の時点で山内さんと松本さんが2100票の得票で、他の3候補が900~1300票と明確な差が出て、そのまま差を広げて午後8時44分の最終結果でこの2人の当選が確定した。
山内さんは「2年半ぶりの市議復帰となるが、初心を忘れずにやっていきたい。今回の選挙戦で島内をくまなく回り、市民の様々な声を頂いた。その声を議会としてどのように市政に反映させていくか、新市長の政策と市民の思いにかい離はないのか、しっかりと精査していきたい」と心意気を語った。
松本さんは「支持して頂いた皆様に心から感謝している。その期待を裏切らないよう議員活動に邁進したい。議員として最初にやりたいことは議員定数の削減。市の財政を考えても、島の人口減少を考えても、議員数だけが今まで通りというのはおかしい。理想は12人だが、まずは14人に削減したい」と議会改革に意欲を見せた。

関連記事

  1. 西村明宏環境大臣が本市来訪 白川市長らと脱炭素の意見交換 フグ養…
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る
  4. イルカ購入を巡り議会が紛糾 2頭購入、1頭借用に1128万円 予…
  5. 郷ノ浦町坪触の県道一部トンネルに 来年度中完成へ
  6. 平均価格さらに6万5千円減 壱岐家畜市場8月子牛市
  7. 副市長に中上総務部長が就任 「豊富な行政経験と卓越した見識」 篠…
  8. 重家酒造の日本酒など台湾へ進出 「壱岐を知ってもらえるきっかけに…

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP