地域情報

壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。

壱岐で初めての漁師レストラン「かもめの朝ごはん」が16日、郷ノ浦漁協セリ市場に隣接した一角で開店した。運営は壱岐美食企画(永村義美代表)。有人国境離島法による市雇用拡充事業を活用し、水産加工場を50席のレストランに改修した。

同日行われた開店記念式典で永村代表は「朝食レストランを開くのは長年の夢だった。35年間、漁業者をしてきたが、壱岐の沿岸漁業の衰退は深刻な状況に陥っている。いろいろな理由はあると思うが、水産物の消費者離れも一因だと思っている。それを解消するためには、壱岐の魚介類を食べてもらうことが必要。壱岐には朝食を食べられる店がないので、市場と連携して新鮮な魚介類を提供することで、壱岐の漁業に貢献したい」と話した。

式典に出席した白川博一市長は「滞在型観光のコンテンツとして『朝食』が重要であることは、これまでの各種会議でもテーマになっていた。ようやく壱岐ならではの朝食レストランがオープンしてくれた。旅館と連携して観光客と水産業を結びつけるだけでなく、地元の人にも利用してもらうことが大事だ。有人国境離島法の設立に尽力した谷川弥一衆院議員に、胸を張って報告できる」と開店を喜んだ。

営業時間は午前6時から午後2時。3月末まではキャンペーン期間で、バイキング形式は700円で、その日揚がった魚のフライ、煮漬け、空揚げ、天ぷら、サラダなど約10種類が食べ放題となる。別注文の刺身は1皿300円、海鮮丼セットは1500円から来客者の希望に応じて提供する。

関連記事

  1. 新芦辺中校舎は新築へ。市議会2常任委が連合審査会
  2. 遊漁者の魚突き「やす」の規定明記 トラブル増で県漁業調整規則一部…
  3. スペースシャトルの食事。一支国博物館で宇宙食フェア。
  4. タクシー10%割引 運転免許返納高齢者
  5. 樋渡啓祐元武雄市長が壱岐で初講演 地方創生の秘訣を披露
  6. タイワンリスの被害拡大。光ケーブル切断相次ぐ。昨年は1万6300…
  7. ミュシャの作品200点展示。一支国博物館開館10周年記念。
  8. 深海魚リュウグウノツカイ 郷ノ浦漁協定置網で捕獲

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP