地域情報

幻想的な光のショー。ゲンジボタルの乱舞始まる。

初夏の壱岐の風物詩となっているホタルの乱舞が5月初旬から始まり、すでにピークを迎えつつある。

長崎地方気象台によると今年のホタル初見は5月14日で平年より6日早く、昨年よりは8日遅かった。だが本市では、11日午後8時過ぎから郷ノ浦町平人触の清水橋周辺で、数百匹のゲンジボタルが乱舞する光景が見られ、初見は昨年より1週間ほど早かった。

気温がやや低く、風の強かったことでベストの条件ではなかったが、平人触公民館が定期的に町谷川周辺の清掃を行っていることで、年々ホタルの餌となるカワニナが増加し、ホタル数も増加してきているようだ。

壱岐高校理科室は恒例となったホタルマップの作成を13日から始め、毎週水曜に更新して発行している。第1回調査は11、12日に市内18か所で行われ、観察数をA~Eの5段階で評価。第1回のA評価(50匹以上観察)は清水橋と、芦辺・安国寺前の川の2か所、B評価(20~49匹)は勝本・新城橋と、郷ノ浦・玄海酒造交差点から入った場所だった。

ホタルマップは毎号百枚程度印刷し、壱岐高校と各港案内所などで配布している。

今年は新型コロナウイルス感染拡大により中国大陸の工場、交通が止まり、本市に飛来するPM2・5などの汚染物質が大きく減少。晴れた日には星空がいつにも増して鮮明に観察でき、木に止まったホタルとのコラボレーションも楽しめる。17日午後8時前には地球から400㌔上空に建設された国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」が通過する様子も同時に見ることができた。

ホタル乱舞のシーズンは6月上旬まで。雨が降っておらず、気温・湿度が高く、風の弱い日がチャンス。車のライトを消し、懐中電灯も足元だけに当て、反射材をつけ、ホタル狩りを楽しんでみてはいかがだろうか。

関連記事

  1. 皆既月食観察会 一支国博物館で開催
  2. 悲願の国境離島新法が成立 壱岐地域5島も特定地域に指定
  3. 中国語コンテスト4人入賞。スピーチ部門は10連覇。
  4. 「壱岐のほとけさま」展示。一支国博物館特別企画展
  5. 旧石器時代の遺物発掘 原の辻遺跡南側
  6. 栽培漁業に新たな可能性
  7. 本市で最大7㍍津波の可能性 県が津波浸水想定を見直し
  8. 筒城浜で海開き神事 海水浴の安全を願う

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP