スポーツ

46チーム351人が汗 第15回少年フットサル大会

フットサル(女子決勝、田河・長嶋さん(⑦)のシュートがゴールに突き刺さる) 第15回少年フットサル大会(壱岐市サッカー協会主催)が8日、芦辺町のダイエー横芝生広場で行われ、U‐125・6年男子&男女混合の部に29チーム217人、U‐125・6年女子の部に17チーム134人、計46チーム351人の小学生が出場して、盛大に開催された。
男子&男女混合は、盈科小のチーム同士の決勝となり、5年生チームの「盈小アンパンマン」が前半の早い時間帯に先制。その後は堅実な守備を見せて1‐0で、6年生チームの「盈科壁ドンズ」を破った。
女子決勝は「田河GUTS」と沼津小の「ぬまごろー」との対戦となり、前半を2‐0とリードした「田河GUTS」が、後半で1点を返されたものの、終盤には長嶋愛莉さん(6年)の豪快なミドルシュートが決まり、3‐1で優勝した。
▼男女混合 ①盈小アンパンマン(日高幸希監督)②盈科壁ドンズ(山口貴史監督)③田河NYK(濵田秀樹監督)、芦辺ビッキーズ(井本幸彦監督)
▼女子 ①田河GUTS(濵田秀樹監督)②ぬまごろー(鬼塚恭壽監督)③SHOOT田河(入江幸子監督)、那賀セレソンC(入江保廣監督)

関連記事

  1. 勝本北星は2回戦敗退 全日本軟式野球大会
  2. 益川は予選敗退 北九州高校総体陸上
  3. 壱岐署に門松寄贈 盈科小交通少年団ら
  4. 原島診療所が開所 2次離島の無医地区解消 光武新人医師が 毎週木…
  5. 第65回郡市対抗県下一周駅伝成績 小学生区間で壱岐Aが優勝
  6. 国分天満宮奉納相撲 450年の伝統行事
  7. 若手医師育成施設 市民病院に併設
  8. 「弟」 勝本中学校3年 中原 杏

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP