スポーツ

46チーム351人が汗 第15回少年フットサル大会

フットサル(女子決勝、田河・長嶋さん(⑦)のシュートがゴールに突き刺さる) 第15回少年フットサル大会(壱岐市サッカー協会主催)が8日、芦辺町のダイエー横芝生広場で行われ、U‐125・6年男子&男女混合の部に29チーム217人、U‐125・6年女子の部に17チーム134人、計46チーム351人の小学生が出場して、盛大に開催された。
男子&男女混合は、盈科小のチーム同士の決勝となり、5年生チームの「盈小アンパンマン」が前半の早い時間帯に先制。その後は堅実な守備を見せて1‐0で、6年生チームの「盈科壁ドンズ」を破った。
女子決勝は「田河GUTS」と沼津小の「ぬまごろー」との対戦となり、前半を2‐0とリードした「田河GUTS」が、後半で1点を返されたものの、終盤には長嶋愛莉さん(6年)の豪快なミドルシュートが決まり、3‐1で優勝した。
▼男女混合 ①盈小アンパンマン(日高幸希監督)②盈科壁ドンズ(山口貴史監督)③田河NYK(濵田秀樹監督)、芦辺ビッキーズ(井本幸彦監督)
▼女子 ①田河GUTS(濵田秀樹監督)②ぬまごろー(鬼塚恭壽監督)③SHOOT田河(入江幸子監督)、那賀セレソンC(入江保廣監督)

関連記事

  1. 香椎彩香(霞翠6年)が女子サッカー九州代表入り
  2. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  3. 石田少年Aが優勝 市少年剣道大会
  4. ファウンテック社員旅行 5度目の壱岐を満喫
  5. 壱岐玄海酒造TCが4位 いわて国体綱引競技会
  6. 一支国博物館「山下清展」開幕 「東海道五十三次」版画全55点展示…
  7. 虹の原特別支援学校 壱岐分校が開校
  8. 一支国王都復元公園周回駅伝

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP