地域情報

大量の黄砂が襲来。市内に注意喚起情報。

3月末の本市は黄砂が原因とみられるPM2・5に覆われた。29日午後5時に107μg、6時に105μgと2時間続けて100μgを突破。30日は午前3時から5時まで107、110、109μと3時間連続で100μgを突破した。

同日は午前5~7時の平均値が92μ㌘となったため、規定により「日平均濃度が70μgを超えると予想される」ため、県内で唯一、壱岐地区に午前7時10分「注意喚起情報」が発令された。

市危機管理課は午前8時30分に防災放送で「できるだけ外出を控える」「屋外での激しい運動は減らす」「洗濯物は部屋の中に干す」などの注意喚起を行った。

大量の黄砂で、両日の本市は晴天だったものの濃い霞がかかり、昼間なのに太陽が肉眼でもまぶしくなく黄色く見えるような天候が続いた。30日の日平均は57μgに落ち着き、注意喚起情報は31日午前0時に解除された。

関連記事

  1. 白川市長が4選出馬表明。SDGs実現の道筋に意欲。
  2. 「条例違反は判断できず」政論審調査結果をまとめる。入札除外問題
  3. 3選出馬の白川市長に一問一答
  4. 劇団未来座が旗揚げ 壱岐からスターを
  5. 7月1日一斉に乾杯 壱岐焼酎の日
  6. 新庁舎建設を正式に見送り 特別委は議会のあり方で激論
  7. 4月から島民運賃値下げへ。国境離島新法制度説明会
  8. 小中学校にアジサイ寄贈。郷ノ浦町文化協会盆栽部会。

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP