歴史・自然

156人が歴史学びながら完歩 原の辻ウォーク2024

 原の辻遺跡とその周辺を散策して歴史を体感する第17回原の辻ウォーク2024(NPO法人一支國研究会主催)が9日、原の辻ガイダンス発着の6㌔特設コースで開かれ、市民156人が参加。春の陽気の下、爽やかな汗を流した。
参加者はうらふれ体操でストレッチをしてから、足軽姿に扮した先導者に続いて安国寺、大塚山古墳、内海湾絶景ポイント、一支国博物館、王都復元公園の5か所のチェックポイントでスタンプを押し、各所の案内ボードで歴史を学びながらウォーキングを楽しんだ。
ウォーキング後には市ヘルスメイトの協力で作った鴨雑炊の振る舞いも行われた。
同研究会の伊佐藤由紀子理事長は「このウォークは最初は駅伝からスタートしたが、参加者の高齢化が進み、健康を意識したウォーク大会となった。原の辻周辺は歴史の宝庫で、改めて壱岐の歴史を感じ、景色を楽しみながら、健康づくりに役立ててもらいたい」と挨拶した。

関連記事

  1. 「エンヤーマイト」 八幡浦で盆行事カズラ曳き
  2. 黒崎などのサンゴ礁を調査 国立環境研究所など
  3. 神秘的な光のすじ 西の空に「漁火光柱」
  4. 壱岐大大神楽厳粛に 住吉神社で奉納
  5. 韓半島東南部から対馬経由で持ち込みか 原の辻遺跡の国内初例 馬…
  6. スイレン見頃に 筒城浜ふれあい広場
  7. 海軍省作成の図録見つかる 「わがいくさぶね」 牧山耕蔵氏贈る 軍…
  8. タンス湾の畔で 桜の花開く

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP