スポーツ

芦辺は惜しくも準優勝 市長旗中学生軟式野球

中学野球(4回、高い外し球を見事にスクイズした芦辺・目良) 第9回壱岐市長旗中学生軟式野球大会が21、22日に青嶋公園グラウンドなどで島内4チーム、島外7チームの計11チームが出場して開催された。降り続く冷たい雨で日程変更、グラウンドコンディション不良の厳しい条件だったが、球児は泥だらけになりながらさわやかなプレーを見せた。壱岐勢は4チーム中3チームが準決勝に進出する活躍。決勝は山澄(佐世保市)と芦辺の対戦となり、延長8回タイブレークの末、山澄が4‐3で競り勝ち、初優勝を果たした。
山澄は1回、四球とパスボールで無死二塁のチャンスを作り、三塁ゴロ2本の間に1点を先取。3回にも敵失間に1点の追加点を挙げた。
だが芦辺が粘りを見せた。4回無死、3番神保がチーム初安打となる左翼へのエンタイトル二塁打で出塁。4番本田も四球でチャンスを広げると、6番目良が高く外れるウエストボールを、バットを立ててスクイズに成功し反撃の1点。さらに山澄・井手投手のワイルドピッチで本田も生還して同点に追いついた。
5回以降は芦辺の2番手・神保が無安打ピッチングに抑え、試合はそのまま7回を終了。延長8回は無死満塁からのタイブレークに突入した。中学野球(好リリーフの芦辺・神保投手)8回表は神保が連続三振を奪い二死としたが、捕手からのけん制悪送球と内野の失策で2失点。芦辺はその裏、挟殺プレー間に1点を返したものの、あと1点が及ばなかった。
岩﨑浩人監督は「守れるか、(バントで)送れるか、そうした1つ1つのプレーが大切なことがよく判ったと思う。だが優勝できるだけの力があることも判った。自信を持って今後の大会で戦ってもらいたい」と選手たちを鼓舞した。

目良翔太主将(2年)は「エラーが多く、決勝で負けたのは悔しかったが、準優勝という結果は自信になった」、好リリーフの神保大稀投手(2年)は「調子は良かった。もっと長いイニングを投げられるように練習したい」とスタミナ強化を課題に上げた。
【成績】▼1回戦 TK(対馬市)8‐7内浜(福岡市)、山澄(佐世保市)4‐3厳原(対馬市)、芦辺4‐1志免(福岡県志免町)▼2回戦 勝本6‐3TK、山澄5‐3石田、芦辺7‐4北斗(対馬市)、郷ノ浦7‐6美津島(対馬市)▼準決勝 山澄3‐1勝本、芦辺4‐3郷ノ浦
▼決勝
山澄
10100002-4
00020001-3
芦辺
(特別延長8回)

中学野球(優勝旗、盾を受け取る両チームキャプテン)

関連記事

  1. 市に消費生活センター設置 商取引トラブルに対応
  2. 箱ものへの嫌悪感ぬぐえず 庁舎建設住民投票を考える
  3. 竹下紘夢(渡良5年)が全国4位の快挙 全国小学生陸上競技交流大会…
  4. 大規模災害時に協力 測量設計コンサルタンツ協会
  5. 島のひと「努力してなんぼ」国見高校サッカー部主将 郷ノ浦町出身 …
  6. 道下さんが壱岐で合宿。リオの銀メダルを報告。
  7. 樋渡啓祐元武雄市長が壱岐で初講演 地方創生の秘訣を披露
  8. 芦辺地区第1分団 驚異の218点(ポンプ車) 郷ノ浦地区第7分団…

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP