地域情報

クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催

壱岐ジュニアランナーズと沼津まちづくり協議会は3月23日、小牧崎公園で初の「クロカン&トレイル練習会(交流事業)」を開いた。同まち協が昨年度から取り組んでいる「小牧崎公園の有効活用(除草作業による散歩&ジョギングコース整備)」の一環で、更なる地域交流の場づくりのため1㌔クロスカントリー、2㌔トレイル、1・6㌔リレークロカンの3種目の競技を行った。
当初は30人ほどの参加を予定していたが、悪天候のため児童・生徒の参加は11人となったが、沼津小学校だけでなく盈科小、勝本小などの児童も参加し、海が望める広大で自然豊かなコースでのランニングを楽しんだ。
2㌔トレイルを10分46秒でトップでゴールインした横山遡さん(沼津小6年)は「普通のトラックやロードを走るよりも足は疲れたが、きれいな景色の中で走れたことはとても気持ちが良かった」と話した。
同まち協地域おこし部会長で、壱岐陸上競技協会長の清水修さんは「あいにくの天候になってしまったが、まずは第1回を開催できたことが良かった。次回は好天時にもっと素晴らしい景色を楽しみながら走ってもらいたい。小牧崎公園がクロスカントリー・トレイルコースとして交流の場となるように今後も整備をしていく」と話した。

関連記事

  1. 松本泰晟さんが全国2冠 中国語コンテストで壱岐高勢大活躍
  2. 古代米刈り入れ祭 杵、臼で脱穀体験
  3. 海難防止を呼び掛ける 2人が一日海上保安官
  4. 百歳迎え元気いっぱい。大島ミヨ子さんら12人に祝状。
  5. ゆず種子から化粧水開発。壱岐旅館組合「女将の会」
  6. 市長職務代理を中止
  7. 山口、山川さんを表彰。東京壱岐雪州会。
  8. 一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP