© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20162/9

タウンミーティングで意見交換 V・ファーレンが地域活動検討

サッカーJ2のV・ファーレン長崎は1月21日、壱岐市民と意見交換を行う「壱岐市タウンミーティング」を開いた。今年度中に県内21市町村すべてで実施予定で、離島は壱岐が初開催となった。
同クラブから服部順一ゼネラルマネージャー(GM)ら4人が来島。市内のサッカー関係者ら20人にクラブの地域活動、スポーツ・教育活動による貢献、世界へ向けての長崎の発信、トップチーム成績と観客動員数について報告した後、市民がクラブに対してどのような地域活動を求めているかなどについて意見を募った。
参加者からは様々な声が出された。
▽昨年、壱岐でサッカー教室(柳田小学校、瀬戸幼稚園)を開催してくれたが、事前に公表されていなかったので、その学校の児童しか受講できなかったのがもったいなかった。
▽唐津港から安価なバスを用意してくれたら、サッカークラブの子どもたちを連れて試合観戦に訪れやすい。
▽離島などからの観客にはポイントなどメリットがあると嬉しい。
▽市内にV・ファーレンのマークがないので、商業施設にのぼりを立てたり、グッズを販売する情報発信基地があると良い。
▽試合映像のハイライトを市ケーブルテレビで流せないか。パブリックビューイングの開催はできないか。
▽試合時にスタジアムで実施している婚活イベントに、壱岐の男性を参加させたい。
グッズ店やパブリックビューイングにはJリーグで様々な規制があるためすぐに実現は難しいものの、服部GMは「情報発信が足りないのは痛感しており、今後、積極的に取り組んでいく。のぼり設置や唐津からのバスもすぐに検討したい」と前向きな姿勢を見せた。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る