© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20162/9

タウンミーティングで意見交換 V・ファーレンが地域活動検討

サッカーJ2のV・ファーレン長崎は1月21日、壱岐市民と意見交換を行う「壱岐市タウンミーティング」を開いた。今年度中に県内21市町村すべてで実施予定で、離島は壱岐が初開催となった。
同クラブから服部順一ゼネラルマネージャー(GM)ら4人が来島。市内のサッカー関係者ら20人にクラブの地域活動、スポーツ・教育活動による貢献、世界へ向けての長崎の発信、トップチーム成績と観客動員数について報告した後、市民がクラブに対してどのような地域活動を求めているかなどについて意見を募った。
参加者からは様々な声が出された。
▽昨年、壱岐でサッカー教室(柳田小学校、瀬戸幼稚園)を開催してくれたが、事前に公表されていなかったので、その学校の児童しか受講できなかったのがもったいなかった。
▽唐津港から安価なバスを用意してくれたら、サッカークラブの子どもたちを連れて試合観戦に訪れやすい。
▽離島などからの観客にはポイントなどメリットがあると嬉しい。
▽市内にV・ファーレンのマークがないので、商業施設にのぼりを立てたり、グッズを販売する情報発信基地があると良い。
▽試合映像のハイライトを市ケーブルテレビで流せないか。パブリックビューイングの開催はできないか。
▽試合時にスタジアムで実施している婚活イベントに、壱岐の男性を参加させたい。
グッズ店やパブリックビューイングにはJリーグで様々な規制があるためすぐに実現は難しいものの、服部GMは「情報発信が足りないのは痛感しており、今後、積極的に取り組んでいく。のぼり設置や唐津からのバスもすぐに検討したい」と前向きな姿勢を見せた。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

201911/8

空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が10月31日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは…

201911/1

GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。

第10回市和牛共進会(JA壱岐市主催)が10月23日、壱岐家畜市場で開催され、種牛の部1部(若雌1)9頭、2部(若雌2)9頭、3部(繁殖雌牛…

201911/1

「誰一人取り残さない」難しさ。

市内18小学校区のトップを切って、10月1日に三島地区のまちづくり協議会が設立した。その迅速な対応、作成された計画書のレベルの高さなど、三島…

ページ上部へ戻る