地域情報

B’z歓迎の輪が全島に 伝説残す感動の3日間 EPIC NIGHT in 壱岐

人気音楽ユニット・B’zの初の壱岐公演「B’z LIVE‐GYM 2015~EPIC NIGHT~in 壱岐」が13日、壱岐文化ホールで開催され、島外からの約7百人を含む千人の満員の観客が、EPIC(スラング英語で「最高に素晴らしい」などの意味)な一夜に熱狂した。市内では関係者や観客が来島した12日から、帰路についた14日まで、有志で設立した「B’zライブ歓迎委員会」(立川寛代表、参加メンバー約150人)らを中心に来島者への“おもてなし”で盛り上げ、ファンも認める伝説のライブが実現した。
B’zライブは、アンコールも含めて計20曲、約2時間。会場はひとつになって、興奮に満ち溢れた。
市民の“おもてなし”がB’zの2人の胸を打った。ライブ中のMCで、ボーカルの稲葉浩志(50)は「船に乗って島にやってきたら、旗がズラリと並んで、曲を流してくれて。なんですか、あれ!? 感動しちゃうじゃないですか!! 温かい気持ちになりました」と歓迎ぶりを称えた。
兵庫県から来島した熱烈なB’zファンの女性から「島の人たちのおもてなしに感激しました。3月13日は一生忘れることができない日となりました。ファンの間でもこんなに感激したライブはないかも、と噂になっています」と壱岐新聞社にメールが届いた。
それほど壱岐島は一丸となった。市防災無線の1日3回の時報は3日間限定で「Easy Come,Easy Go」のオルゴールに変更。壱岐FMは12日午後から14日まで、エンドレスでB’zの曲を流し続けた。
歓迎委員会らは12、13日の郷ノ浦、芦辺、印通寺の3港と壱岐空港で、来島者を出迎えた。B’zの名曲を流しながら、郷ノ浦港ではダンスチームAMMERSのメンバーらで結成した「盛り上げ隊~ママチーム&more」がフェリー、ジェットフォイルの到着をダンスで迎えた。
ビーズ(壱岐東部漁協は焼きカキ3個を100円で提供) ライブ当日の会場周辺には「おもてなしコーナー」を設置。壱岐焼酎7蔵は1蔵3銘柄の無料試飲を実施。JA壱岐市は壱岐牛1パック(100㌘)500円のバーベキューコーナーを設置し、約10㌔を用意。壱岐東部漁協はカキ3個100円を60㌔。サザエ、イカも用意した。いずれも原価に満たない格安価格で、炭火焼で来場者にふるまった。
来場者が記念サインを残すメッセージボードは、開場2時間前には埋め尽くされた。流木で「B’z」「LIVE」などの文字を象ったアート作品には写真を撮る人が殺到した。案内所では飲食店、宿、観光地などを紹介し、ライブ終了後は20人以上の案内人が、町や宿までの道案内を行った。隊員は記念撮影のシャッター係も務めるなど、来場者の気持ちに立ったもてなしを行った。人面石くんも記念撮影の相手に引っ張りだこだった。
ライブ翌日の14日は、各港などでの見送り。フェリーでは島ならではの何十本もの紙テープでの見送りに、涙を流す人もいた。
「壱岐に来てくれた人たちに喜んでもらいた」という真っ白な気持ち」(立川代表)の“おもてなし”は、多くの来島者の琴線に触れ、その結果、全国ネットの情報番組「ミヤネ屋」でもその様子が取り上げられた。感動を伝えるツイートは、瞬く間にリツイートが数百も繰り返され、B’zファンのみならず、全国へ広がった。
立川代表は「壱岐にあった4町の垣根が、今回はまったくなくなった。フェイスブックを通じて賛同者が集まり、新しい形での活動ができた。壱岐島はこうでなければダメなんだ、ということに気がつかせてもらう良い機会だったと思う。お客さんの笑顔を見ていると、やったな、という実感が沸いてきた」。その表情には、この1か月間、仕事が終わった後に毎日のようにメンバーが集まって話し合い、試行錯誤をして実現した“おもてなし”の充実感に満ち溢れていた。
B’z公式フェイスブックページには「see you again iki. thank you so much!!」のメッセージが残された。

ビーズ(人面石くんも大人気)

関連記事

  1. 初山「オレンジバス」運行開始 初の地域コミュニティバス 買い物・…
  2. 沼津は準々決勝敗退 少年バレー県大会
  3. 「市長・議会に任せる」なら賛成、「任せられない」なら反対の考え方…
  4. 渡野幹大が都大路を疾走。全国高校駅伝鎮西学院3区。
  5. 芦辺は惜しくも準優勝 市長旗中学生軟式野球
  6. 「古代世界の中の壱岐」。博物館の特別企画展。
  7. 50年に1度の大雨。寺の本堂が全壊。
  8. 谷繁、和田さんがコーチング。壱岐の島野球教室

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP