文化・芸術

しまの自然情報誌100号に 壱岐自然塾が毎月無料で発行 学校にも配布 「島の生き物知ってもらいたい」

壱岐島の生き物を観察、調査する市民団体「壱岐自然塾」(永村春義代表)が毎月発行している無料情報誌「しまの自然情報誌」が、昨年の12月号で創刊から100号の節目を迎えた。同塾は2013年2月、永村代表ら愛鳥家3人で「壱岐野鳥の会」として発足。観察対象の幅を虫や植物、魚などへも広げるため、15年9月から壱岐自然塾に改称して現在は会員13人で活動。月に一回、自然観察会を開き、生き物の知識を深めたり、野鳥の観察方法を学ぶなどしている。代表の永村さん(53)は「活動も10年を越えて続き、壱岐には書けるネタがあるということだと思う。もっと市民に自然環境に関心を持ってもらえれば」と話している。

関連記事

  1. 昭和~平成の記憶辿る 勝本地区公民館で写真展
  2. 守時タツミピアノコンサート 30日 一支国博物館で開催
  3. 文科大臣賞に横山さん(郷中3年) JA全中 作文・図画コンクー…
  4. 新作1点を追加 一支国博物館「ボクネン展」
  5. 版画部門で野川さんに知事賞 第69回子ども県展表彰式 副知事らが…
  6. 石田納涼夏祭りが廃止 半世紀以上の伝統行事
  7. 特別賞に93歳加藤博子さん しまごと芸術祭絵画写真展
  8. 串山ミルメ浦遺跡 元は海 原の辻ガイダンス発掘速報展

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP