文化・芸術

力作ずらり 4年ぶりに作品展

郷ノ浦町のパワーリハビリテーションセンター光風で20~21日、同施設の利用者が作った作品の展示が行われた。
新型コロナの流行に伴い4年ぶりの開催。利用者が製作したパッチワークや編みカゴ、書、生け花など3百点を超える作品が展示され、市民が次々と鑑賞に訪れた。
作品の中には、壱岐の海を守っていきたい気持ちを込めた詩を、不要になった段ボールで作った宝箱に飾った作品や同様に段ボールで精工に作られた五重の塔など力作も並んだ。
作者の最高齢は芦辺町の山川マサ子さん(101)で、来場者は風景やツル、十二単などを繊細に表現したパッチワークや編みカゴなどに見入っていた。

関連記事

  1. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など14曲披露
  2. 60年の歴史に幕 壱岐「島の科学」研究会が解散
  3. 約7時間の奉納 壱岐大大神楽奉納
  4. 壱岐大大神楽勇壮に 住吉神社で奉納
  5. 中島潔絵画展が開幕 一支国博物館特別企画展
  6. クロサワ映画で日本に興味 国際交流員、クラークさんに辞令
  7. 文科大臣賞に横山さん(郷中3年) JA全中 作文・図画コンクー…
  8. 元沼津中校長 ウエダ清人さん 壱岐題材の油彩画展示

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP