文化・芸術

守時タツミピアノコンサート 30日 一支国博物館で開催

30日に一支国博物館でピアノコンサート「景色の見える音楽会」を開く守時タツミさんが13日、オンライン取材で3年ぶり3回目の壱岐公演への意気込みを語った。

守時さんは日本各地を訪れ、その土地で聞こえてくる音を収録。その時に見た風景とその場で感じた思いを曲にする「MOTTAINAI SOUND」プロジェクトを2007年からスタート。19年からはNHKラジオ深夜便で「景色の見える音楽」のレギュラーコーナーを担当している。

全国ツアーに壱岐を組み込んでいるのは、天の川酒造の西川幸男社長と若い頃に東京の喫茶店でバイト仲間だったことが縁。18年のコンサートで来島時には壱岐の音も収録し、5枚目のアルバムには壱岐の神社に吹き抜ける爽やかな潮風とその風景からインスパイアされた楽曲「風そよぐ」が収録されている。

守時さんは「コロナ禍でコンサートの多くが中止になったが、神奈川の海辺に引っ越して毎日素潜りをしたり、実家の岡山では畑を耕し、栗を拾うなどのスローライフを楽しんでいた。プライベートの生活スタイルを変えながら音楽を見直す時間に充てられたのは良かった」と話した。

オンライン配信も行っていたが「それでもやはり対面でのコンサートをやりたかった。3年ぶりに壱岐に行けるのは本当に嬉しい。コロナや戦争で心が疲弊している人が多いと思う。気持ちがスカッとなれる曲、心が癒される曲を壱岐の皆さんにお届けしたい」と30日のコンサートへの思いを寄せた。

コンサートは3階多目的ホールで午後2時開演。入場料は大人1500円、中学生以下500円。チケットは一支国博物館、天の川酒造で販売している。

関連記事

  1. 光の芸術家ゆるかわふう作品展 一支国博物館で6月30日まで開催 …
  2. 元沼津中校長 ウエダ清人さん 壱岐題材の油彩画展示
  3. 壱岐の魅力 新たな視点で 応募作品を展示「島の写真展」
  4. 離島留学生ら7人 入市式で歓迎受ける
  5. 壱岐大大神楽勇壮に 住吉神社で奉納
  6. 鬼は外!福は内! 博物館で子どもたちが豆まき
  7. 和太鼓集団「風舞組」が30周年 記念公演に約4百人が来場
  8. 松永安左エ門記念館建て替えへ 令和9年度以降の開館を目指す 西鉄…

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP