地域情報

昨年中の出生数 112人(前年比5人増)

本市の昨年中の出生数が112人だったことが、市のまとめでわかった。本市合併以降最少の107人だった一昨年から5人増えたものの、依然低い水準で推移し、少子化が顕著に表れている。
国勢調査によると、人口が約4万人いた昭和58年は557人の出生があったが、平成に入ってからは4百人を割り込んだ。平成29年からは2百人を下回り、近年では150人前後で推移していた。一方、死亡数は450人前後で推移している。

関連記事

  1. しまごと芸術祭が開幕 絵画・写真展に55作品
  2. 窮状訴える声が相次ぐ。市緊急経済対策会議。
  3. 壱岐市民に支援を呼び掛け ウクライナ出身の小野ヤーナさん
  4. 7蔵が乾杯用焼酎を共同開発 壱岐焼酎の日10年・地理的表示20年…
  5. 山口常光像前で演奏会 陸自大村駐屯地音楽隊
  6. 名所巡るトレッキング 箱崎まち協がコース作成
  7. 山口幹雄賞に工芸・梶田さん。第61回市美術展覧会
  8. 第1回人口減少対策会議 政策企画課に事務局設置

おすすめ記事

  1. ジャガイモ「壱岐黄金」 平人営農組合が収穫祭
  2. 小島神社参道改修の支援募る 田河まち協と氏子会が連携
  3. 守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

歴史・自然

PAGE TOP