地域情報

昨年中の出生数 112人(前年比5人増)

本市の昨年中の出生数が112人だったことが、市のまとめでわかった。本市合併以降最少の107人だった一昨年から5人増えたものの、依然低い水準で推移し、少子化が顕著に表れている。
国勢調査によると、人口が約4万人いた昭和58年は557人の出生があったが、平成に入ってからは4百人を割り込んだ。平成29年からは2百人を下回り、近年では150人前後で推移していた。一方、死亡数は450人前後で推移している。

関連記事

  1. チューリップが満開。桜とともに花見。
  2. リブランドオープン。壱岐リトリート海里村上。
  3. 本市観光客延数が4・8%増 好天で海水浴客など増加
  4. 怪物種雄牛が誕生 勝乃幸がBMS全国1位
  5. 県の国境離島交付金事業費、総額54億9千万円を計画。雇用拡充策に…
  6. 手作り葦船発進 八幡小児童が製作
  7. 芦辺中はふれあい広場に新設へ 検討委員会が報告書を提出 教育委員…
  8. 2年ぶり注意喚起 22日のPM2・5

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP