地域情報

3年ぶり行動制限ない夏 壱岐の島夜空の祭典2千発彩る

3年ぶりに行動制限がない盆となった今年は、勝本町の花火大会「壱岐の島夜空の祭典」(同実行委員会主催)が13日に行われ、市民や観光客らが夏の夜空に描かれた約2千発の花火を見物した。新型コロナの影響で3年ぶりの開催となった今年は、出店などは自粛し、勝本地区公民館前の駐車場には観覧席が設けられた。午後8時の打ち上げ開始時には、マスクを付けた観客らがスマホを片手に打ち上がる花火を撮影し夏の思い出を残していた。15日には芦辺港でも花火大会があり、約5百発が打ち上げられた。郷ノ浦の「ふるさと花火」は10月9日に開催予定となっている。

関連記事

  1. 新指定管理者を議決へ~産業建設常任委が可決。一支国博物館・ケーブ…
  2. クレーン車で救助協力。齊藤豊さんに感謝状。
  3. 芸術の秋、牧山立誠さん(盈科小5年)が殊勲 応募1580点から最…
  4. 土木の日フェスタ&消防団フェスタ開催。
  5. 堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊…
  6. 湖北省高校生が来島 一支国博物館を見学
  7. 八幡が優勝、準優勝は那賀 第5回壱岐友杯少年軟式野球
  8. 犬、猫の殺処分ゼロ目指し 有志が団体設立

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP