地域情報

3年ぶり行動制限ない夏 壱岐の島夜空の祭典2千発彩る

3年ぶりに行動制限がない盆となった今年は、勝本町の花火大会「壱岐の島夜空の祭典」(同実行委員会主催)が13日に行われ、市民や観光客らが夏の夜空に描かれた約2千発の花火を見物した。新型コロナの影響で3年ぶりの開催となった今年は、出店などは自粛し、勝本地区公民館前の駐車場には観覧席が設けられた。午後8時の打ち上げ開始時には、マスクを付けた観客らがスマホを片手に打ち上がる花火を撮影し夏の思い出を残していた。15日には芦辺港でも花火大会があり、約5百発が打ち上げられた。郷ノ浦の「ふるさと花火」は10月9日に開催予定となっている。

関連記事

  1. 地域おこし協力隊・松本浩志さんが観光連盟事務局長就任
  2. 幅広い事業者に給付金 最大20万円を県・市が折半
  3. フラ・パーティーに80人参加 筒城浜で情熱的な一夜
  4. 雨の中勇壮に 八幡浦でカズラ曳き
  5. 壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団
  6. 壱岐に寄付を!! ふるさと納税PR
  7. マグロに合う本格麦焼酎。玄海酒造「TUNACHU」。
  8. 遼東系銅釧(腕輪)、原の辻で国内初出土。

おすすめ記事

  1. ジャガイモ「壱岐黄金」 平人営農組合が収穫祭
  2. 小島神社参道改修の支援募る 田河まち協と氏子会が連携
  3. 守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

歴史・自然

PAGE TOP