地域情報

3年ぶり行動制限ない夏 壱岐の島夜空の祭典2千発彩る

3年ぶりに行動制限がない盆となった今年は、勝本町の花火大会「壱岐の島夜空の祭典」(同実行委員会主催)が13日に行われ、市民や観光客らが夏の夜空に描かれた約2千発の花火を見物した。新型コロナの影響で3年ぶりの開催となった今年は、出店などは自粛し、勝本地区公民館前の駐車場には観覧席が設けられた。午後8時の打ち上げ開始時には、マスクを付けた観客らがスマホを片手に打ち上がる花火を撮影し夏の思い出を残していた。15日には芦辺港でも花火大会があり、約5百発が打ち上げられた。郷ノ浦の「ふるさと花火」は10月9日に開催予定となっている。

関連記事

  1. 空港滑走路延長が急務。後継機の運用定員わずか27人。ORCが検証…
  2. 原島診療所が開所 2次離島の無医地区解消 光武新人医師が 毎週木…
  3. 定数16に20人が立候補。壱岐市議会議員選挙30日投開票。
  4. ルーヴル銅版画展第2期がスタート
  5. 郷ノ浦図書館の移転計画、旧公立病院跡地に図書館建設へ。
  6. ハイジャック訓練実施 6機関が連携を確認
  7. 芦辺港のピアノ鮮やかに 画家 コガワ健太さんがペイント
  8. イスズミ料理の誕生秘話。対馬・犬束さんが講演。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP