地域情報

3年ぶり行動制限ない夏 壱岐の島夜空の祭典2千発彩る

3年ぶりに行動制限がない盆となった今年は、勝本町の花火大会「壱岐の島夜空の祭典」(同実行委員会主催)が13日に行われ、市民や観光客らが夏の夜空に描かれた約2千発の花火を見物した。新型コロナの影響で3年ぶりの開催となった今年は、出店などは自粛し、勝本地区公民館前の駐車場には観覧席が設けられた。午後8時の打ち上げ開始時には、マスクを付けた観客らがスマホを片手に打ち上がる花火を撮影し夏の思い出を残していた。15日には芦辺港でも花火大会があり、約5百発が打ち上げられた。郷ノ浦の「ふるさと花火」は10月9日に開催予定となっている。

関連記事

  1. 高校野球代替大会。11日壱岐、12日壱岐商。
  2. 壱岐署に新警備艇 最高速度40ノット
  3. 感染症警報を継続 ヘルパンギーナ
  4. 11月1日から座席指定化。乗船前日まで予約が可能。九州郵船ジェッ…
  5. 片山触歴史読本。立石さんが発刊。
  6. 現職白川さんが4選果たす。森さんと329票差の僅差。壱岐市長選挙…
  7. 紫色あざやかに。弁天崎公園のフジが満開。
  8. 大学進学率は13市中5番目 27年度学校基本調査

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP