政治・経済

郷ノ浦町坪触の県道一部トンネルに 来年度中完成へ

県は一般県道渡良浦初瀬線の一部のトンネル工事に着手する。平成27年度から行っている同線道路改良事業の一環で、郷ノ浦町坪触の一部123㍍がトンネルになる。

事業は県が国の交付金を受けて実施。トンネルを含めた坪触工区(2・3㌔)の総事業費は約25億円。トンネルは南側から掘削を始め、令和5年度中の竣工を目指している。供用開始は同6年度以降になる見通し。

この道路はこれまで、道幅が狭く急なカーブで見通しが悪かった。また、平成21年の豪雨災害や令和2年の台風では土砂崩れや倒木で全面通行止めになるなどしていたため、通りやすく災害に強い道路に改良する。

壱岐振興局は本年度、地元向けの現場見学会も開く予定という。

関連記事

  1. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  2. 藻場のCO2吸収量、クレジットに 三島、渡良周辺で繁茂の海藻約1…
  3. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所…
  4. 循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる…
  5. 壱岐上空遊覧を満喫 ORC創立60周年記念
  6. 高さ16㍍の屋上から紅白餅まき 11日に睦モクヨンビル棟上げ
  7. 当初予算案241億9千万円 昨年度から8・0%の大幅増
  8. 市長選4、市議補選6陣営出席 立候補予定者説明会

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP