地域情報

赤ちゃんイルカ「ミラク」が死亡 イルカパークのアイドル

イルカ(親子で仲良く泳いでいたミラク(左)だったが…) 勝本町の壱岐イルカパークで5月30日に誕生した赤ちゃんイルカ「ミラク」(メス)が11月26日午後4時ごろに死亡した。5日、市観光商工課が発表した。
ミラクは11月24日までは母エイラ(推定12歳)と一緒に元気に泳いでいたが、同25日はスタッフが泳ぎ方にやや不自然さを感じていた。26日は急激に元気がなくなり、苦しそうに呼吸をしていたため、3人のスタッフが体を支えて楽にしようとしたが、その最中に呼吸が停止。死亡が確認された。
その後、壱岐家畜保健衛生所に運ばれて解剖が行われたが、詳しい死因はまだ判っていない。
ミラクは、今年3月25日に和歌山県から導入された3頭のうちの1頭エイラが捕獲前に妊娠しており、同パーク内で出産した。妊娠中の20時間に及ぶトラックでの長距離輸送を克服して無事に出産したケースは極めて珍しいため、“奇跡”から「ミラク」と名付けられた。
母エイラ、母と一緒に同パークにやってきたラシカ(推定10歳)と一緒の生け簀で、ともに泳いだり、ジャンプのまねごとをしたり、母親の上に乗ってじゃれたりと無邪気に過ごす様子は、訪れた観光客にも大人気で、同パークのアイドル的な存在となっていた。
まだ離乳前だったが、魚にも興味を示すようになってきて、生まれた時には1㍍弱だった体長が1・5㍍、体重は100㌔を超えた。同パークで初めて赤ちゃんイルカが順調に育ち、管理には細心の注意を払いここまで無事に成長していただけに、スタッフのショックも大きい。

関連記事

  1. 中田靖稀(霞翠6年)が全国出場決める 県小学生陸上コンバインドB…
  2. 新顔イルカ3頭が仲間入り 今年度中にさらに3頭増頭 イルカパーク…
  3. 3千人大観衆が「どっちも頑張れ」 鯨伏Aが1秒差で盈科A破る 小…
  4. 九州S1(日本酒)グランプリ準優勝 重家酒造の純米大吟醸「横山5…
  5. 高校生やイタリア人、建設会社社長ら、壱岐の未来に11のテーマ提案…
  6. アスパラ生産にIT導入。SDGsは壱岐の未来予想図。自動運転車ド…
  7. 初山小が団体戦準優勝。子供自転車県大会
  8. 県高校総体 益川洋武が三千障害で優勝

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP