地域情報

乾隆通宝など通貨が出土 白沙八幡参道で発掘調査 壱岐高の生徒

石田町の白沙八幡神社参道脇の発掘調査で、清朝時代の清朝銭「乾隆通宝(けんりゅうつうほう)」が1枚見つかった。これまで市内の遺跡発掘調査での発見例はなく、壱岐初の出土と見られる。発掘は壱岐高校東アジア歴史・中国語コースの生徒22人が県埋蔵文化財センター東アジア考古学研究室の支援を受けて実施。江戸時代後期の絵図に「桟敷所」(位の高い人が見物する観覧所)と記された場所に2か所(各10平方㍍)の調査区を設け、桟敷所跡を示す石組の発見を目指した。調査地点はこれまで発掘されていなかった。

関連記事

  1. 小島神社周辺などを清掃 内海湾振興会、氏子ら60人
  2. 販売は計画比107% 第50回JA通常総代会
  3. 勇壮な海曳き、里曳き 壱岐市御柱祭に9百人参加
  4. 「条例違反は判断できず」政論審調査結果をまとめる。入札除外問題
  5. 改修費抑制へ 茅栽培。一支國研究会。
  6. 壱岐市マグロ資源を考える会・中村稔会長がクローズアップ現代出演
  7. 盛大に市制10周年記念式典 17人・14団体を表彰
  8. 「平茂晴」顕彰碑が除幕。長崎和牛支えた名種雄牛。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP