地域情報

乾隆通宝など通貨が出土 白沙八幡参道で発掘調査 壱岐高の生徒

石田町の白沙八幡神社参道脇の発掘調査で、清朝時代の清朝銭「乾隆通宝(けんりゅうつうほう)」が1枚見つかった。これまで市内の遺跡発掘調査での発見例はなく、壱岐初の出土と見られる。発掘は壱岐高校東アジア歴史・中国語コースの生徒22人が県埋蔵文化財センター東アジア考古学研究室の支援を受けて実施。江戸時代後期の絵図に「桟敷所」(位の高い人が見物する観覧所)と記された場所に2か所(各10平方㍍)の調査区を設け、桟敷所跡を示す石組の発見を目指した。調査地点はこれまで発掘されていなかった。

関連記事

  1. ミュシャの作品200点展示。一支国博物館開館10周年記念。
  2. 65の体験メニューを再構築 料金・時間・内容を見直し 壱岐島ごっ…
  3. タブレット導入を検討 ICT推進特別委
  4. 筒城浜で海開き神事。水質は最高の「AA」。
  5. 壱岐来島「若者に勇気を」 東京→屋久島 自転車旅の若者2人
  6. 特殊詐欺を未然に防止。2人に壱岐署長感謝状。
  7. 中村知事“一回り”見て判断 県病院企業団への加入時期 市長要望に…
  8. 「封じ込めができた」。本市の感染がひと区切り。

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP