地域情報

廃校舎ドローン教室に マリンハビタット壱岐が開所式

 海藻が生えやすい成分が付加されたブロック「リーフボール」やドローンスクールを展開している一般社団法人マリンハビタット壱岐(田山久倫代表理事)は1月28日、事務所の開所式を開いた。
同社は2021年8月設立。昨年7月から旧芦辺中学校のプール更衣室だった建物を市から借り、改修して事務所と教室として活用。ドローンスクールを開校し、これまで約20人が受講、約百人が操縦を体験している。
開所式にはドローンの技術者ら関係者や市議会議員ら約20人が出席。田山代表(32)はドローン事業について「壱岐は飛ばしやすい環境にあり、ドローンの聖地になり得る。約2千人の農業従事者が10年後には三分の一に減る担い手不足が懸念されており、省力化して継続していくのがポイントになると思う。我々がドローンを使ってスマート農業にしていくことには意味がある」とし、「まだまだ未熟な部分もありますが、我々若手も壱岐の未来のため、長崎、日本のために頑張っていくのでよろしくお願いします」と述べた。
式後には、農業用ドローンによる農薬散布の実演やリーフボールの説明もあった。

関連記事

  1. 日本初の無人機実証実験。国境監視、海難救助に期待。
  2. 長崎県壱岐病院が開院
  3. 4市場ぶりに価格上昇。子牛市平均84万2千円。壱岐家畜市場
  4. 壱岐日々新聞が来月廃刊
  5. 県壱岐病院5周年式典。向原、米城両氏に感謝状。
  6. イスズミ料理の誕生秘話。対馬・犬束さんが講演。
  7. 初日は午前中で完売。プレミアム商品券。
  8. 郷ノ浦は65人出席 自治公民館長会議

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP