地域情報

廃校舎ドローン教室に マリンハビタット壱岐が開所式

 海藻が生えやすい成分が付加されたブロック「リーフボール」やドローンスクールを展開している一般社団法人マリンハビタット壱岐(田山久倫代表理事)は1月28日、事務所の開所式を開いた。
同社は2021年8月設立。昨年7月から旧芦辺中学校のプール更衣室だった建物を市から借り、改修して事務所と教室として活用。ドローンスクールを開校し、これまで約20人が受講、約百人が操縦を体験している。
開所式にはドローンの技術者ら関係者や市議会議員ら約20人が出席。田山代表(32)はドローン事業について「壱岐は飛ばしやすい環境にあり、ドローンの聖地になり得る。約2千人の農業従事者が10年後には三分の一に減る担い手不足が懸念されており、省力化して継続していくのがポイントになると思う。我々がドローンを使ってスマート農業にしていくことには意味がある」とし、「まだまだ未熟な部分もありますが、我々若手も壱岐の未来のため、長崎、日本のために頑張っていくのでよろしくお願いします」と述べた。
式後には、農業用ドローンによる農薬散布の実演やリーフボールの説明もあった。

関連記事

  1. 水素貯蔵の実証実験に着手。約2千万円で調査・設計業務。
  2. 育ドル娘が歌・踊り披露 原の辻ガイダンス収穫祭
  3. 島内で28年ぶりの日本酒造り。重家酒造「横山蔵」が稼働。
  4. 白川市長が初登庁 訓示で市職員にげき
  5. 外務省・笹原直記さんが副市長として地方創生を担当 9月1日着任
  6. 1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭
  7. 森俊介さんが市長選出馬へ。Iki‐Bizセンター長。
  8. 1620点が展示 石田町老連作品展

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP