地域情報

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定となっている。4月時点で売り先が決まっていない県産マダイは約20万匹に上っていた。

県は4月の補正予算で水産物学校給食活用推進事業(3億5568万円)を計画。県内11万4千人の児童と生徒、教職員の給食にブリとマダイを県内小中学校など515校に提供する。

県によると本市で提供されるマダイは、「白身魚の和風あんかけ」として出される予定で、その後も11月にマダイ、1月にブリが提供される運び。

関連記事

  1. 中国語コンテスト暗誦部門で7連覇 壱岐高の離島留学生
  2. 「うに屋のあまごころ」オープン
  3. 驚愕の平均価格8・9%増。アフターコロナ見えた子牛市場。2年4か…
  4. 初日は午前中で完売。プレミアム商品券。
  5. 大学進学率は13市中5番目 27年度学校基本調査
  6. 5百羽のツル大群が飛来 春告げる北帰行が本格化
  7. 国内初の地上炉跡発掘 勝本・カラカミ遺跡
  8. 芦辺小解体費など上程 市議会定例会12月会議

おすすめ記事

  1. 環境大臣表彰を市長に報告 市地球温暖化防止対策協議会 地域環境保全功労者表彰受賞
  2. 7月1日壱岐焼酎の日 一斉に乾杯イベント
  3. 横山社長「水素エネルギーで酒造り」 重家酒造100周年式典で表明

歴史・自然

PAGE TOP