地域情報

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定となっている。4月時点で売り先が決まっていない県産マダイは約20万匹に上っていた。

県は4月の補正予算で水産物学校給食活用推進事業(3億5568万円)を計画。県内11万4千人の児童と生徒、教職員の給食にブリとマダイを県内小中学校など515校に提供する。

県によると本市で提供されるマダイは、「白身魚の和風あんかけ」として出される予定で、その後も11月にマダイ、1月にブリが提供される運び。

関連記事

  1. 志原・初山小でフラメンコ 蘭このみスペイン舞踏団
  2. モデル空き家整備で移住促進。市生涯活躍のまち推進協議会
  3. 総会に170人参加 東海壱岐の会
  4. 国内初、3遺跡が集結 国特別史跡弥生集落3大遺跡展 一支国博物館…
  5. 壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団
  6. 島内で28年ぶりの日本酒造り。重家酒造「横山蔵」が稼働。
  7. 最大瞬間風速34.5メートル 台風14号が通過
  8. かかし62作品を展示 「壱岐神楽」の力作も

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP