地域情報

旅の思い出に 有志が芦辺港にピアノ設置

芦辺港ターミナル2階待合室に7月末、ピアノが1台設置され、観光客らが弾き、旅路最後の思い出を刻んでいる。

設置したのは、市内の有志でつくる「港にストリートピアノを設置する会」。今年4月に音声SNSアプリで市内外の人で集まり世間話をしていたところ、「旅人たちに素敵な思い出作りをしてほしい」と話が盛り上がり、島の出入り口である港にピアノを置くことを思いつき、会を設立した。

ピアノは有志から無償で譲り受け、椅子や消毒液、注意喚起の説明板の費用はクラウドファンディングで寄せられた寄付で賄った。 ピアノは今後、画家、コガワ健太さんによって装飾される予定という。

会のメンバーの1人で、インドのソフトウエア会社の日本法人営業部長、小野一馬さん(35)=北九州市出身、石田町在住=は、「壱岐を離れる前の最後の思い出を彩るような存在になってくれれば」と話している。

今後、博多、壱岐、対馬などを結ぶ他の港にも設置していきたいという。

関連記事

  1. 原発テーマに番組制作 壱岐高放送部が取材
  2. 原の辻にテレワークセンター。今月末仮オープン、7月本格稼働。
  3. LED3千個で白沙八幡神社をライトアップ。大大神楽とのジョイント…
  4. 32年ぶりの日本一達成 全国消防操法大会ポンプ車の部 芦辺地区第…
  5. 市民病院外科常勤医が不在 緊急手術はヘリ搬送で対応
  6. 九州郵船に要望書提出 座席指定化など10項目
  7. 21点が壱岐初公開。松永安左ェ門「耳庵展」。一支国博物館 特別企…
  8. 壱岐島の銘木・巨樹 林業研究同志会発刊

おすすめ記事

  1. ジャガイモ「壱岐黄金」 平人営農組合が収穫祭
  2. 小島神社参道改修の支援募る 田河まち協と氏子会が連携
  3. 守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

歴史・自然

PAGE TOP