地域情報

コロナ鎮静願い鏡開きも。壱岐大大神楽奉納。

壱岐大大神楽奉納が20日、住吉神社で行われ、7時間におよぶ奉納をツアー客や市民ら約50人が見物した。

今年は新型コロナの鎮静化を祈願し、奉納を前に壱岐焼酎で鏡開きも行われ、関係者皆で「壱岐焼酎で乾杯」と祈願した。

奉納は午後2時から始まり、休憩をはさんで午後9時まであり、参拝客は写真を撮るなどして見入っていた。奉納後、同神社の松本弘宮司は「今年はコロナで始まり、不安や苦悩の日々が続いているが、来たる年は希望に満ちた明るい年であるように祈念します」と述べた。

関連記事

  1. 国境離島新法制定へ総決起大会 1300人が「頑張ろうコール」
  2. お宝地蔵を 商店街の活性化に
  3. 下條雄太郎が両高校に寄付「壱岐の高校生に夢の実現を」
  4. 愛称「青い海と緑の広場」 郷ノ浦客船埠頭前の緑地
  5. 3場が金賞獲得 酒類鑑評会
  6. 人口減や施策を説明。黒﨑局長が中学校で講話。
  7. 島内企業情報誌 中高2年生に配布
  8. 需要減で減便 。九州郵船。

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP