スポーツ

渡野幹大が都大路を疾走。全国高校駅伝鎮西学院3区。

男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会が20日、たけびしスタジアム京都発着の特設コースで行われ、県代表は男子・鎮西学院が21位、女子・諫早が17位になった。

鎮西学院の3区(8・1075㌔)には勝本中出身の渡野幹大(3年)が出走。31番手でタスキを受け、区間28位の24分51秒の力走を見せた。前半の上り下りに加えて、6㌔過ぎの跨線橋のアップダウンが勝負を大きく左右するため、各校が外国人留学生などエース級を投入してくる区間だけに、順位は33位に落としたものの、渡野の粘りが4区以降のチームの追い上げにつながった。

新型コロナのためスタジアムへの応援入場は禁止されたが、コース沿いでは関西壱岐の会会員らが応援の拍手を贈った。同会の立石英隆さんは「見事な走りを見せてくれた。壱岐の子どもたちをオリンピック選手に育てようと、会では今後も応援の輪を広げていく」と話した。

渡野は卒業後、関東地方の大学に進学し、次は箱根駅伝出走を目指す。

諫早は、県大会では田中咲蘭(芦辺中出身)が唯一1年生ながら4区に起用されて区間賞をマークしたが、全国大会で田中はリザーブに回り、出場しなかった。だが1年生で都大路まで帯同した経験は来年以降に必ず活かせるはずだ。

沿道で応援する関西壱岐の会メンバー

関連記事

  1. 消防本部が感謝状 男児を海から救助
  2. 新藤総務大臣が来島視察 地域おこし協力隊を激励 壱岐焼酎を 17…
  3. 先輩は救命救急医 渡良小卒業生が講義
  4. 勝本が大会2連覇を達成 中学ソフトボール県新人戦
  5. 川下が3度目V 対馬国境マラソン
  6. 乾杯グラス発売 壱岐酒造協同組合
  7. 少年サッカー初の地元大会 壱岐アイランドカップ
  8. 小学生国語、算数とも4位 県小中学生学力調査

おすすめ記事

  1. カワヨシノボリ「壱岐佐賀型」求めて 大村高理科部が来島調査
  2. 詐欺の予兆相次ぐ 家族、警察に相談を
  3. やっぱりいた! 谷江川にアユ

歴史・自然

PAGE TOP