スポーツ

渡野幹大が都大路を疾走。全国高校駅伝鎮西学院3区。

男子第71回、女子第32回全国高校駅伝競走大会が20日、たけびしスタジアム京都発着の特設コースで行われ、県代表は男子・鎮西学院が21位、女子・諫早が17位になった。

鎮西学院の3区(8・1075㌔)には勝本中出身の渡野幹大(3年)が出走。31番手でタスキを受け、区間28位の24分51秒の力走を見せた。前半の上り下りに加えて、6㌔過ぎの跨線橋のアップダウンが勝負を大きく左右するため、各校が外国人留学生などエース級を投入してくる区間だけに、順位は33位に落としたものの、渡野の粘りが4区以降のチームの追い上げにつながった。

新型コロナのためスタジアムへの応援入場は禁止されたが、コース沿いでは関西壱岐の会会員らが応援の拍手を贈った。同会の立石英隆さんは「見事な走りを見せてくれた。壱岐の子どもたちをオリンピック選手に育てようと、会では今後も応援の輪を広げていく」と話した。

渡野は卒業後、関東地方の大学に進学し、次は箱根駅伝出走を目指す。

諫早は、県大会では田中咲蘭(芦辺中出身)が唯一1年生ながら4区に起用されて区間賞をマークしたが、全国大会で田中はリザーブに回り、出場しなかった。だが1年生で都大路まで帯同した経験は来年以降に必ず活かせるはずだ。

沿道で応援する関西壱岐の会メンバー

関連記事

  1. 平均価格57万円突破 金太郎3産子が高値 10月子牛市
  2. 長岡秀星さんが死去 世界的イラストレーター
  3. 壱岐少年サッカークラブが連覇 フットサル壱岐・対馬予選
  4. ハヤブサも発見 イキハク野鳥観察会
  5. 大会ロゴ 国生み神話をイメージ 神々の島壱岐ウルトラマラソン
  6. 渡良小児童ら80人が清掃活動 ツインズ・ビーチ、嫦娥海岸
  7. 上野投手との対決は!? 国体ソフトは長崎‐群馬
  8. 泥んこバレーで子どもに還る V‐Ancientが3連覇

おすすめ記事

  1. 環境大臣表彰を市長に報告 市地球温暖化防止対策協議会 地域環境保全功労者表彰受賞
  2. 7月1日壱岐焼酎の日 一斉に乾杯イベント
  3. 横山社長「水素エネルギーで酒造り」 重家酒造100周年式典で表明

歴史・自然

PAGE TOP