地域情報

9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。

市は3日、市地域おこし協力隊員(離島留学生コーディネーター担当)として福岡県柳川市からUターンした大森久子さん(48=芦辺町出身)に委嘱状を交付した。任期は最長で2023年1月末まで。市教育委員会教育総務課に配属される。同隊員採用は今年度3人目で、任期中の隊員は計9人。

隊員業務として、本市が2018年度から導入した小中学生の離島留学制度「いきっこ留学」などをさらに普及するため、同制度の各メディアへの売り込み、島内外の小中学校を訪問して制度説明会の実施、オープンスクールなどの企画・運営、留学生のケア・里親や保護者との情報交換、里親の新規開拓などに取り組む。

大森さんは壱岐商卒業後に福岡のアパレル会社に就職。昨年、墓参りのため本市を訪れた際に、同級生から協力隊の仕事を聞き、30年ぶりに本市にUターンすることを決意した。
大森さんは「自分は壱岐から外に出た人間だが、それだけに外から見た壱岐の良さ、市民の人柄の良さなどをよく知っている。留学してくる子どもたちは知らない場所で暮らすのが不安だと思うが、その不安も理解してあげられる。趣味の手芸を通じてボランティアに関わってきたので、その経験を活かし地元の人と留学生が触れ合えるコミュニティの場提供したい。大好きな生まれ故郷の活性化に携われることも嬉しい」と抱負を語った。

関連記事

  1. 御朱印など3店で販売 小島神社
  2. 4日から選挙戦スタート。30日投開票 壱岐市議選
  3. 子牛取引は初の30億円台。壱岐家畜市場
  4. 車両水中転落事故の2人を救助 3人に署長感謝状贈呈
  5. 女子の制服にスラックスを追加 防寒、防犯対策で壱岐商業高校
  6. 田河小・神田教諭が受賞。文科大臣優秀教職員表彰。
  7. 自治基本条例素案を答申。地域コミュニティづくりに効力、今年度中に…
  8. 原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。玄海原…

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP