地域情報

マナヅルの北帰行始まる。深江田原、山崎で観察。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルが繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月中旬から本格化し、16日ごろから本市の芦辺町深江田原、石田町山崎などの田畑で、50~100羽の群れが観察されている。16日夕方には原の辻遺跡周辺の田圃で羽休めをする50羽ほどのマナヅルの群れが見られ、翌朝には北方面に飛び立って行った。

今冬は出水市で約1万5千羽(ナベヅル約1万2千羽、マナヅル約2500羽、その他クロヅル、カナダヅル、ナベクロヅル)の越冬が確認されており、北帰行は1月27日から開始。2月14日にマナヅル約千羽が飛び立っており、本市で確認されたのはこの群れの一部だと考えられる。

今後はナベヅルの北帰行が増えてきて本市で観察できる機会がさらに増えるが、日本野鳥の会では「マナヅル、ナベヅルともに環境省レッドリストの絶滅危惧種Ⅱ類で、驚かさないように慎重に観察してもらいたい」と呼びかけている。ナベヅルは鍋の底のように黒い体が特徴。マナヅルはナベヅルよりも体の色が薄く、体長はやや大きく、目の周りが赤いのが特徴。

関連記事

  1. 本市から2団体が受賞 ながさき水産業大賞
  2. 国内初、3遺跡が集結 国特別史跡弥生集落3大遺跡展 一支国博物館…
  3. 盆期間に盛りだくさんのイベント。海上レインジャー大会復活。
  4. 勝本小近くで道路陥没。芦辺で観測史上最大降水量。
  5. 86人が出場、優勝は76㌢。第2回壱岐の島タイラバ大会。
  6. 春の叙勲を受章 瀬戸口和幸さん、髙田國行さん
  7. 国境離島新法とは
  8. 14組のカップルが誕生 都会女性と婚活イベント

おすすめ記事

  1. 環境大臣表彰を市長に報告 市地球温暖化防止対策協議会 地域環境保全功労者表彰受賞
  2. 7月1日壱岐焼酎の日 一斉に乾杯イベント
  3. 横山社長「水素エネルギーで酒造り」 重家酒造100周年式典で表明

歴史・自然

PAGE TOP