地域情報

猛毒ヒョウモンダコ 芦辺漁港で3尾発見

フグ毒と同じ猛毒テトロドトキシンが唾液に含まれるヒョウモンダコ3尾が3月に芦辺漁港赤灯台付近で発見された。
建設会社職員が工事のために消波ブロックを動かした際、ブロック下にいるのを発見。壱岐東部漁協を通して、壱岐振興局水産課に報告した。大きさはいずれも10㌢程度だった。
ヒョウモンダコは日本海側は福井県以南に生息。昨年は石田町、郷ノ浦町の磯場で発見されている。刺激を受けると青いリング模様が全身に現れるのが特徴。かまれると呼吸困難や心停止を引き起こし、死亡することもあるため、同課は「春の磯シーズンを迎えるが、発見した場合は絶対に触らないように気を付けて欲しい」と注意を呼び掛けている。

関連記事

  1. 子牛平均価格71万円を突破 初百万円超えが7頭誕生
  2. 全国大会に2選手 県代表として派遣
  3. 「スカイ」と「みらい」。イルカ2頭の名前決まる。
  4. ファウンテック社員旅行 5度目の壱岐を満喫
  5. 壱岐市マグロ資源を考える会・中村稔会長がクローズアップ現代出演
  6. スポーツ全国大会出場称える。1団体と7人に市長特別表彰。
  7. 7蔵ブレンドで乾杯 条例制定を祝う
  8. 木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP