地域情報

猛毒ヒョウモンダコ 芦辺漁港で3尾発見

フグ毒と同じ猛毒テトロドトキシンが唾液に含まれるヒョウモンダコ3尾が3月に芦辺漁港赤灯台付近で発見された。
建設会社職員が工事のために消波ブロックを動かした際、ブロック下にいるのを発見。壱岐東部漁協を通して、壱岐振興局水産課に報告した。大きさはいずれも10㌢程度だった。
ヒョウモンダコは日本海側は福井県以南に生息。昨年は石田町、郷ノ浦町の磯場で発見されている。刺激を受けると青いリング模様が全身に現れるのが特徴。かまれると呼吸困難や心停止を引き起こし、死亡することもあるため、同課は「春の磯シーズンを迎えるが、発見した場合は絶対に触らないように気を付けて欲しい」と注意を呼び掛けている。

関連記事

  1. 釜山博物館と協定書締結 県埋蔵文化財センター
  2. 島のひと「努力してなんぼ」国見高校サッカー部主将 郷ノ浦町出身 …
  3. クロマツ250本植樹 八幡小緑の少年団
  4. 小島神社で書パフォーマンス 書道家・山口芳水さん
  5. 2人と1団体に市長特別表彰 バレー田中さんは2度目の受賞 作文・…
  6. 紫色あざやかに。弁天崎公園のフジが満開。
  7. 水素貯蔵の実証実験に着手。約2千万円で調査・設計業務。
  8. 大食い・木下ゆうかさん起用で、ふるさと納税動画再生日本一。

おすすめ記事

  1. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  2. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  3. 訪日客急増の流れに乗る対策を

歴史・自然

PAGE TOP