友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子(B5版、42㌻)にまとめられた。

同辞典は、同協力隊の空き家活用推進担当、藤木彩乃さん(31)が「壱岐の自然や文化、食などを伝える媒体は沢山あるが、それは土地ごとに魅力がある。差別化を図るには壱岐に暮らす人、その生の声を伝えることが大切」と、ほかの隊員に呼び掛けて企画した。

昨年5月から4~89歳の壱岐出身者69人、Iターン者31人を取材し、記事を壱岐UIターンポータルサイト「いきしまぐらし」やSNSで随時発信してきた。

4月27日に市役所で「お披露目式」があり、協力隊員のほか、取材を受けた住民の代表も出席。藤木さんから冊子が手渡された。今後ほかの取材対象者にも手渡していくという。

式で藤木さんは「率直な壱岐への思いやこれからについても聞くことができた。インタビューを受けていただいた皆様、市職員、一緒に作り続けてくれたメンバーのおかげです。ありがとうございました」と述べた。

取材を受けた住民を代表して勝本町の港町酒場あかり屋の店主、角谷透さん(34)は「百人の方の意見や島に対する思いを見て刺激になった。鮮魚仲買もしているが、地域の人に居酒屋と仲買をしているのか説明する機会がなく、壱州人辞典を通して説明できたことで、読んだ人から頑張っているね、応援しているよと沢山の言葉を頂き励みになっている。どの業種にとっても大変な時代になったが、前向きに力強く頑張っていきたい」と感謝の言葉を述べた。

同辞典は各港や空港、飲食店などに配布される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20226/27

ウクライナ支援金を寄付 九電、九電工両労組

九州電力労働組合福岡支部壱岐分会と九電工労働組合壱岐分会は14日、ウクライナ避難民への人道支援金10万5千円を、避難を支援している石田町在住…

20226/27

県議補選は一騎討ちへ 説明会に2陣営出席

7月1日告示、10日投開票の長崎県議選壱岐選挙区補選(定数1)の立候補予定者説明会が17日に市役所郷ノ浦庁舎で行われ、市議の鵜瀬和博さん(5…

20226/27

竹下紘夢がインターハイ出場決定 男子四百㍍で4位、予選は47秒台 全国高校総体 北九州地区大会

第75回全国高校陸上競技対校選手権・北九州地区大会(インターハイ予選)が16~19日に佐賀県のSAGAスタジアムで開かれ、壱岐高校から4人が…

20226/20

陸生ヒメボタル 木陰でひっそり 限定的に生息 勝本町新城神社周辺

勝本町の新城神社周辺でヒメボタルが飛び、幻想的な景色を作り出している。 風物詩となっている市内各所で乱舞するホタルは、水生のゲンジボタ…

ページ上部へ戻る