文化・芸術

守時タツミコンサート 「風そよぐ」など14曲披露

音楽家の守時タツミが4月30日、一支国博物館でピアノコンサート「景色の見える音楽会」を開き、市民約120人が心癒される音楽に聞き入った。守時の本市でのコンサートは3年ぶり3回目。

守時は日本各地の海や山などその場所でしか聞くことができない音を録音し、その時に目にした風景と感じた思いを曲にした「MOTTAINAI SOUND」づくりに取り組んでいる。

今回のコンサートでは最新アルバム収録曲を中心に、能登「NOTO BLUE」、高野山「奥之院」、南魚沼「八海山」、北海道「SOYA DRIVE」、そして本市で創作した「風そよぐ」など14曲を披露した。

守時は「コロナで昨年、一昨年のコンサートができず、壱岐に来られたのは3年ぶり。再び皆さんにお会いでき嬉しい。今朝は岳ノ辻に行ってきたが、車や人の声が一切なく、ウグイスなど小鳥のさえずりのみが聞こえてくる新鮮で贅沢な時間を過ごさせてもらった。『風そよぐ』はそんな壱岐の風、海、自然の心地良さを表現して創作した。この音楽で少しでも心を癒していただければ嬉しい。来年以降もぜひ壱岐でコンサートを続けていきたい」と再訪を約束した。

関連記事

  1. 大輪に歓声、出店も復活 壱岐の島夜空の祭典
  2. 壱岐オリジナル4作品も 一支国博物館「ボクネン展」
  3. 力作ずらり 4年ぶりに作品展
  4. 壱州荒海太鼓部が2曲披露 壱岐イヴェールマルシェ
  5. 海洋ゴミからイキサウルス 造形アーティストの石田さん
  6. 元沼津中校長 ウエダ清人さん 壱岐題材の油彩画展示
  7. 正月前に門松づくり 那賀小地域子ども教室
  8. 「老松山壱岐安国寺展」開幕 一支国博物館で1月8日まで

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP