友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20223/21

八幡児童館で閉館行事 風船に恒久平和託す

八幡まちづくり協議会(後藤裕昌会長)は13日、3月末で56年の歴史に幕を下ろす八幡児童館の閉館イベントを開催。約100人の地区民が愛着ある施設との別れを惜しんだ。

同館は昭和40年に八幡地区の子どもたちの見守りを目的に、総工費365万円で建設された。だが施設の老朽化が目立つようになり、令和2年に雨漏りのため屋根の修理を行ったが、昨年は水道管が破損し断水状態になった。漏水箇所が特定できず修理が難しく、子どもたちの安全を十分に確保できないいことなどから、市は閉館、取り壊しを決めた。

平成26年から7年間、最後の管理人を務めてきた松永秀子さん(61)は「毎日の子どもたちとの時間に加え、恒例のけねやねクリーン作戦や相撲大会などのイベントもあり、主人と一緒にやる草刈りは大変だったが、何もかも楽しい思い出ばかりだ。八幡の子どもたちは私の宝物になった」と涙ながらに挨拶した。

八幡小5年の山川樹奈さんは「松永さんはお忙しいのに、いつも遊んだり、話をしてくれた。飾ってある絵を観るのも楽しみだった。児童館には思い出がいっぱい詰まっている」、6年の吉田直翔さんは「松永さんと一緒に卓球をやって、上手だねとほめてもらった。学校の持久走の時は入口から声をかけてもらった。広場での野球やサッカーも楽しかった」と感謝の言葉と思い出を語った。

後藤会長は「閉館は市も苦渋の判断だったとは思うが、子どもたちの見守り場所というだけでなく、八幡地区の他のすべて公共施設が海抜3㍍以下の中、この児童館は海抜12㍍の高台で、津波などの時に避難所としての役割もあった。この場所は今後の避難所としての活用も考えてもらいたい」と要望した。

館内には八幡小児童からの「ありがとう作文」、児童館の思い出の写真が掲示され、ウクライナ緊急支援募金も実施された。式典後には参加者全員で、児童館への感謝と世界の恒久平和を願うメッセージカードをつけた風船100個を、一斉に空に飛ばした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20228/8

「命つなげたい」 犬猫保護団体が初の譲渡会

犬、猫の殺処分ゼロを目指す有志の団体、壱岐島わんにゃんお守り隊299(松嶋純子会長ら20人)が7月31日、初めて保護猫の譲渡会を柳田地区公民…

20228/8

循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる

壱岐の未来について、実現したいことを話し合い具体化する「壱岐なみらい創りプロジェクトSDGs対話会」が、7月24日に壱岐の島ホールであった第…

20228/8

人面石クッキーに新味 夏季限定ミネラル5選

一支国博物館ミュージアムショップでは、7月15日からオリジナル商品「人面石クッキー ミネラル5選」を夏季限定販売している。各味1枚ずつ5枚入…

20228/1

バナナ園内にカフェ 観光農園にリニューアル

芦辺町湯岳興触でバナナを栽培する株式会社コスモファーム(住吉節子代表取締役)は16日、観光農園「BANANA FARM IKI」をオープンさ…

ページ上部へ戻る