地域情報

10周年記念収穫祭に250人 柳田地域連携プロジェクト

柳田地区公民館(谷口覚館長)は10日、柳田地域連携プロジェクト10周年記念イベントとして、柳田小学校校庭と同学童農園で本年度収穫祭を開き、地区の児童ら約250人が参加した。
柳田地区公民館は今年9月、本年度県食育推進活動表彰を受賞しており、この収穫祭も「子どもたちが農業体験学習することで食べ物の大切さ、農家の苦労や喜びを学ぶ」「子どもからお年寄りまで多くの人が参加することで地域同士のつながりや共食の機会を作る」などこの推進活動の趣旨に則り開催している。
開会前から柳田小児童と保護者が焼きいもなどのために火起こし体験をして準備。開会式では同小3~6年生が太鼓を叩きながら踊る沖縄由来の「あしびな踊り」を披露。柳田保育所園児が元気に挨拶した。
イベントでも児童たちが、同小の農園で収穫したもち米、ジャガイモ、サツマイモや柳田みその販売、餅つきや大豆の脱穀などの農業体験、ついた餅であんこ餅つくりなどを行い、豚汁、赤飯、焼き芋、いも天の試食に舌鼓を打った。
谷口館長は「子どもたちが満面の笑顔で地域の人たちとの触れ合い、農業体験などを楽しんでくれた。10年間続けてきて、イベントとして成長を続け、大成功だったと思っている。この体験が思い出に残り、子どもたちが将来、また柳田に戻ってきてくれたら、こんなに嬉しいことはない」と話した。

関連記事

  1. 市中体連は開催が決定。6月6日に球技・剣道。
  2. 芦辺小にピアノ寄贈 作詞家松坂さん遺族
  3. 内海湾振興会ら、小島神社周辺を清掃。
  4. 新年度予算236億4千万円。ほぼ本年度当初並み規模。SDGs関連…
  5. 新市議16人が決まる。新人山川さんがトップ当選。
  6. サービスセンター開所 レオパレス21
  7. 福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客に…
  8. 473人が還暦式出席。第二の人生をスタート。

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP