地域情報

5月のみ調整金無料に。九州郵船が回答。

九州郵船は14日、市航路対策協議会(会長・白川博一市長)に対して、懸案となっていた5~7月の燃料油価格変動調整金について、5月1~31日は0ゾーン(調整金なし)、6月1日~7月31日は1ゾーン(壱岐~博多片道フェリー110円、ジェットフォイル180円、壱岐~唐津片道50円)に設定すると回答した。

5~7月の調整金は、価格決定の基準値となる1月の原油CIF価格が4万5648円で、同社が定めた設定表の1ゾーン(4万4574~4万9573円)に入ったが、5日に開かれた市航路対策協議会で委員から「0ゾーンと千円程度の差なら、今期は様子見の意味で無料にできないか」「企業の社会的貢献を期待したい」など調整金有料化の見送りを求める要請が相次いだため、同社が再検討していた。

同社は「通常ならば調整金を頂くことになるが、国境離島島民割引運賃により島民の利用が増え、運賃の低廉化も定着しつつあることを鑑み、5月の1か月間は例外的に調整金を無料にした」と説明した。

関連記事

  1. ドローンについて学ぶ 操縦体験も 鯨伏でドローン教室
  2. JF発着所、旧フェリー岸壁へ。地方港湾審議会が可決。
  3. コケで癒し空間提供。美容室K`sの松嶋さん。
  4. 水素貯蔵の実証実験に着手。約2千万円で調査・設計業務。
  5. お宝地蔵を 商店街の活性化に
  6. 8~10月は燃油サーチャージ無料へ 博多フェリー往復(2等)は3…
  7. 国内初の農業版マルチワーカー JAが特定地域づくり事業協組設立
  8. 総合戦略骨子案を検討 人口減少対策会議

おすすめ記事

  1. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  2. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る
  3. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達

歴史・自然

PAGE TOP