地域情報

5月のみ調整金無料に。九州郵船が回答。

九州郵船は14日、市航路対策協議会(会長・白川博一市長)に対して、懸案となっていた5~7月の燃料油価格変動調整金について、5月1~31日は0ゾーン(調整金なし)、6月1日~7月31日は1ゾーン(壱岐~博多片道フェリー110円、ジェットフォイル180円、壱岐~唐津片道50円)に設定すると回答した。

5~7月の調整金は、価格決定の基準値となる1月の原油CIF価格が4万5648円で、同社が定めた設定表の1ゾーン(4万4574~4万9573円)に入ったが、5日に開かれた市航路対策協議会で委員から「0ゾーンと千円程度の差なら、今期は様子見の意味で無料にできないか」「企業の社会的貢献を期待したい」など調整金有料化の見送りを求める要請が相次いだため、同社が再検討していた。

同社は「通常ならば調整金を頂くことになるが、国境離島島民割引運賃により島民の利用が増え、運賃の低廉化も定着しつつあることを鑑み、5月の1か月間は例外的に調整金を無料にした」と説明した。

関連記事

  1. 壱岐に寄付を!! ふるさと納税PR
  2. 志原・初山小でフラメンコ 蘭このみスペイン舞踏団
  3. 白川市長が初登庁 訓示で市職員にげき
  4. 壱岐ウルトラマラソン。開催中止が決定。
  5. 命名「はじめ」「あお」 イルカパークのオス2頭
  6. 20年ぶりの大雪。水道管破裂で漏水多発。
  7. 四季菜館が新装オープン。店舗面積が3倍に拡大。
  8. 「市長・議会に任せる」なら賛成、「任せられない」なら反対の考え方…

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP