地域情報

平尾さん夫妻に感謝状 壱岐署に鬼凧寄贈

壱岐署(中嶋欣也署長)は9日、安全祈願鬼凧を寄贈した芦辺町箱崎本村触の民芸品製作、平尾明丈さん(86)、フクヨさん(81)夫妻に感謝状を贈った。
今回寄贈を受けたのは高さ2・2㍍、幅1・5㍍の安全祈願鬼凧など3枚。同署玄関脇などに飾る。
平尾さん夫妻は40年以上鬼凧づくりを行っており、安全安心なまちづくりのため壱岐署に平成10年、17年も寄贈を行っている。平尾明丈さんは「以前の凧が破れていたので、作れるうちに新しいものを贈りたいと思っていた」と話した。

 

鬼凧(感謝状を贈られる平尾さん夫妻)

関連記事

  1. 壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団
  2. 重家酒造がミラノ万博に出品 純米大吟醸「横山五十」で世界へ
  3. 壱岐市民に支援を呼び掛け ウクライナ出身の小野ヤーナさん
  4. 山内賢明さんが受賞 離島振興60周年表彰
  5. エヴァンゲリオン×焼酎 壱岐の島オリジナルラベル
  6. 今年度百歳到達者は10人。総理、知事から祝状贈呈。
  7. リオ金メダルを約束 視覚障がいマラソン・道下選手
  8. 髙野颯波が甲子園デビュー 社相手に2回零封の好救援

おすすめ記事

  1. 「言論の自由」が暴走してはならない
  2. 2議案を可決 市議会予算特別委
  3. 髙野颯波が甲子園デビュー 社相手に2回零封の好救援

歴史・自然

PAGE TOP