© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20184/27

勝本が逆転で優勝。中学女子ソフトボール

ソフトボールの春季市中学生女子大会(第45回県中学生女子大会壱岐予選会)が21日、大谷公園専用球場で開かれ、勝本が2勝を挙げて優勝。1勝1敗で2位の郷ノ浦とともに、6月23、24日に島原市で開かれる県中学大会への出場を決めた。

ともに1勝同士で迎えた第3試合、郷ノ浦‐勝本戦が実質の決勝戦となった。郷ノ浦は1回表、まだ制球が定まっていない勝本先発・香椎の投球をじっくりと見定め、2四球2安打4盗塁と2つのバッテリーエラーで一挙に3点を挙げた。勝本は1回裏、先頭の香椎が左翼線へ本塁打を放ち1点を返すと、2回にも無死からの連続安打でチャンスを作り、敵失もあって2得点。試合を振り出しに戻した。郷ノ浦は3、4回に1点ずつを追加したが、勝本は4回裏、1番香椎の三塁強襲打、2番山石の中前安打、3番坂本のショートゴロ間にそれぞれ1点を加えて逆転。6回裏も3番坂本のセンターへの二塁打、4番松尾の左前打で2点を追加した時点で、80分の時間制限を超えたため8‐5で勝負を決めた。

サッカーで鍛えた下半身の強さで粘投を見せた香椎彩香投手は「1回に3点も取られてしまったが、味方がしっかりとフォローしてくれた。2回以降は丁寧に投げられたと思う。初回の本塁打は、たまたまうまく当たっただけです」と笑顔を見せた。松尾あこキャプテンは「1年生にとって初めての試合なのに、練習の成果をしっかりと出していた。厳しい場面でも笑顔で乗り越えていくのが、このチームの特徴です」と話した。

例年、春季大会はソフトボール未経験の1年生も加入することで、エラーなどミスが多いが、今年は第1試合の郷ノ浦‐芦辺戦では8、9回のタイブレークでも得点がなく決着がつかなかったように、各チームとも守備力が強化されてきた。特に投手陣は、日本代表チームの投手でもある壱岐高校・森勇紀教諭(33)の指導を受けたこともあり、レベルが高まっている。6月の県大会でも、そのレベルアップぶりを示してくれそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る