スポーツ

選抜大会では打倒・長崎商 新人戦3位の壱岐商ソフト部

県高校新人ソフトボール大会がこのほど、諫早市で開かれ、壱岐商は1回戦で佐世保商・東翔連合チームに8‐2、2回戦で長崎女子に10‐0で勝利した。準決勝は長崎商に7‐0で敗れたものの、同部としては8年ぶりのベスト4入りとなった。
田中恵愛キャプテン(2年)は「部として『ベスト4』が先輩たちの時代からの目標だったので、それを達成できたことは、まずは嬉しかった。毎週のように遠征して、様々な経験を積んできたことが大きかった。1、2回戦は、重い木製バットを振り込んで筋力をつけ、金属バットでは鋭く振ってボールをアジャストする練習の成果が出て、打ち勝つことができた」と大会を振り返った。
一方で、準決勝の長崎商戦はノーヒットノーランに抑えられる完敗だった。「台風の影響で2日間延びて、体を動かすことができなかったので準備不足もあったが、力不足も明らかだった。相手は攻守ともそつがなく、チームのコミュニケーションも素晴らしかった。もっともっと練習して、10月29日からの選抜大会では長崎商にリベンジできるように頑張る」と打倒・長崎商を目標に掲げた。

関連記事

  1. 高校卒業生に任命 スキ・スキ応援隊
  2. 福原が県中学通信陸上連覇 2年男子百㍍で11秒74
  3. 道下さんが強化合宿。視覚障害女子マラソン
  4. 浴衣姿で出迎え 博物館アテンダント
  5. 産卵期の漁獲制限を!! マグロ資源を考える会
  6. 愛知など12チーム参加 一支国ソフトバレー
  7. 献穀田お田植え祭
  8. 筒城浜遊歩道ゴムチップ化検討 4中学に陸上部設置も

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP