スポーツ

郷ノ浦が九州大会進出 県中総体相撲競技団体戦

県中学総合体育大会が22~24日、県内各地で行われ、諫早市の長田いこいの広場相撲場の相撲競技団体戦で、郷ノ浦中が3位となり、8月4日に長崎・平戸市営相撲場で開かれる九州中学相撲大会への出場を決めた。
相撲競技団体戦には本市から、市中体連1位の郷ノ浦、2位の芦辺が出場。芦辺は予選リーグAパートで1勝2敗で決勝リーグに進めなかったが、郷ノ浦は同Bパートで小金井に2‐1、諫早に3‐0、平戸市相撲連盟に1‐2の2勝1敗(得点6)の2位で決勝リーグに進出。決勝リーグは桜が原に1‐2、平戸市相撲連盟に1‐2、長田に3‐0の1勝2敗(得点5)で3位となった。

関連記事

  1. 大規模災害時に協力 測量設計コンサルタンツ協会
  2. 道下さんが強化合宿。視覚障害女子マラソン
  3. ギネス世界記録達成 555人が壱岐牛リレー
  4. ハッピーヒルズで落成式 市内3か所目の特養ホーム
  5. 壱岐商勢決勝進めず 陸上県高校選手権
  6. 髙野、村田は甲子園に一歩及ばず 海星は創成館に2‐3で惜敗 高校…
  7. “壱岐の逸ノ城”誕生 霞翠わんぱく相撲
  8. 壱岐支部が発足 牛削蹄師会

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP