スポーツ

379人が初夏の壱岐路を疾走 EX50㌔は畝原尚太郎さんが連覇

第35回ツール・ド・壱岐島(壱岐サイクルフェスティバル)が4日、壱岐市制20周年記念として市内特設コースで開催され、12部門に379人が出場。梅雨の合間の好天の爽やかな気候の中、367人が完走した。
大きな落車事故などはなく、立哨を行った市消防団、市職員をはじめ、各種サポートをした商工会青年部・女性部、市観光連盟、市地域婦人会・青年団、草刈りを行った建設・土木業者らボランティアが大会を盛り上げた。
エリート50㌔(日本自転車競技連盟所属選手)は、昨年初出場で大会初優勝を飾った畝原(うねはら)尚太郎さん(25、熊本大医学部6年=チームGINRIN熊本)が、雨天だった昨年のタイムを2分以上縮める1時間18分48秒で2連覇を果たした。

関連記事

  1. 浴衣姿で出迎え 博物館アテンダント
  2. 両部門とも郷ノ浦が圧勝 第57回壱岐一周駅伝
  3. 7月1日一斉に乾杯 壱岐焼酎の日
  4. 石田少年Aが優勝 市少年剣道大会
  5. 2211人が壱岐路を疾走 第30回壱岐の島新春マラソン
  6. ジュディ・オングさん来島 トークショー、サイン会を開催
  7. 郷ノ浦が競り勝つ 市中学ソフトボール
  8. お宝地蔵を 商店街の活性化に

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP