© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20168/9

海難防止を呼び掛ける 2人が一日海上保安官

壱岐海上保安署(奥山俊介署長)は「海の日」の7月18日、一日海上保安官による海難防止キャンペーンを実施した。地元企業で働く女性2人を一日海上保安官に任命し、海難防止啓発活動とフェリーの安全点検を実施する恒例のイベントで、今年は十八銀行の稲永志織さん(25)、光武病院の平畑瞳さん(25)が選ばれた。
2人は郷ノ浦港客船埠頭で任命状を受け取り、巡視艇「いきぐも」に乗船。印通寺港まで往復する間に防波堤や磯釣り客、洋上の遊漁船や漁船に対して海難防止指導を行った。また印通寺港ではフェリーの下船客に対して救命胴衣着用を呼び掛け、フェリーの安全点検では同署職員に帯同した。
稲永さんは「海上保安署員というと『海猿』のイメージが強く、海の安全を守っているとてもたくましい印象がある。制服を着て、身が引き締まった」、平畑さんは「病院で医療事務の仕事をしているので、急患の搬送で海保職員のてきぱきとした凛々しい姿を見ることがある。海保の人たちの仕事を知る良い機会になった」と感想を話した。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20179/8

中学生議員が一般質問。市子ども議会を開催。

市子ども議会(市議会主催)が8月29日、勝本町の市議会議場で開かれ、市内4中学から各4人、計16人が議員役を務め、一般質問を行うなど市議会を…

20179/8

坂井煌弥さんが団体と2冠。4歳児は西永葵生さん。一支國幼児相撲大会

第20回一支國幼児相撲大会(同実行委員会主催)が2日、壱岐島開発総合センター全天候型多目的施設で開催され、市内9幼稚園・9保育所と福岡市・め…

20179/8

社説・国に猛省を促したい原子力訓練

玄海原子力発電所3号機の再稼働について、九州電力が「来年1月中」との見通しを表明した中、内閣府は3、4日に原子力総合防災訓練を初めて玄海地区…

20179/8

11月1日から座席指定化。乗船前日まで予約が可能。九州郵船ジェットフォイル

九州郵船(竹永健二郎社長、本社・福岡市)は1日に開かれた市航路対策協議会(会長・白川博一市長)で、11月1日乗船分からジェットフォイルの全席…

20179/1

松本(郷ノ浦中)が銅メダル胸に凱旋 全日本中学陸上男子走り幅跳び

第44回全日本中学陸上競技選手権大会(8月19~22日・熊本市)の男子走り幅跳びで自己ベストの6㍍78を記録して3位となり、表彰台に上がった…

ページ上部へ戻る