地域情報

国内初、3遺跡が集結 国特別史跡弥生集落3大遺跡展 一支国博物館

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一支国博物館の第9回特別企画展「国特別史跡弥生集落3大遺跡展」が20日に始まった。6月24日まで。

同展では弥生集落で国の特別史跡に指定されている登呂、吉野ヶ里、原の辻の3遺跡の出土品42点を展示。この3遺跡の出土品が一同に会して展示されるのは国内初で、展示品はレプリカではなく全て本物だという。 登呂遺跡の農耕具などの資料は九州で初公開、吉野ヶ里遺跡の資料は墳丘墓という王の墓から出土したものを、原の辻遺跡は中国から日本への交流をテーマに、他の地域では見られない資料を厳選している。同博物館は教科書などで知名度の高い登呂遺跡や吉野ヶ里遺跡と同レベルの「国特別史跡」に位置づけられている原の辻遺跡の価値を伝え、それぞれが持つ特徴を明確に打ち出し、弥生集落遺跡の存在を広く伝えたいという。同博物館学芸員、松見裕二さん(36)は「重要文化財を本土から離島に持ってきて、積極的に企画展をしている博物館は日本でも珍しい。島民の皆さんをはじめ、来館者に公開することで、より多くの人に文化財の価値や歴史を知ってもらいたい」と語った。

関連記事

  1. ICTを活用して見守り。いきいきあんしんネットワーク
  2. 県防災航空隊が消防本部と訓練。本市から派遣の江口隊員も。
  3. 県中学総体 主な成績
  4. 市民病院外科常勤医が不在 緊急手術はヘリ搬送で対応
  5. ゲートボール県選手権大会 壱岐郷ノ浦同好会が準優勝
  6. 「あまごころ壱場」3月18日オープン 島内初の観光客向け産直施設…
  7. 8組のカップルが成立 イキイキお結び大作戦
  8. 県ねんりんピックで金メダル 松山サチ子さんと村川ナツ子さん

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP