© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20165/2

壱岐の重文3宝が揃い踏み 人面石・亀形飾金具・二彩陶器

 一支国博物館は25日から、日本遺産第1号認定記念として、国指定重要文化財の「人面石」(原の辻遺跡出土品)、「金銅製亀形飾金具」(笹塚古墳出土品)、「中国北斉製二彩陶器」(双六古墳出土品)の特別公開を常設展示室で始めた。5月15日まで。「壱岐のお宝」として名高いこの3点が同時に公開されるのは、2010年の開館時の展示以来6年ぶり。
 同館は今年度、壱岐が日本遺産第1号に指定されたことを広くアピールする展示を行っており、現在開催中の日本遺産写真パネル展、特別企画展「平戸松浦家と対馬宗家の家宝展」に続く第3弾となる。
 松見裕二学芸員は「日本遺産に指定されたストーリーを構成する文化財10点のうち7点は、市内で実物を見学することができる。残り3点となる原の辻遺跡、笹塚古墳、双六古墳の出土品を博物館で展示すれば、壱岐の日本遺産すべてを見ることができると思い、特別展示を企画した。3点とも重要文化財のため展示は年間60日間の制限があり、またいずれも全国的に人気の高い出土品で他の博物館からの展示依頼も多い。亀形飾金具は1年間かけて保存処理を行ったこともあり、この3点を揃って当博物館で展示できる機会は滅多にない」と貴重な機会であることを強調した。
 いまや本市の「顔」ともなっている「人面石」は、弥生時代の石製品として日本唯一、人間の顔をかたどった資料。亀形飾金具は亀(スッポン)を模した国内唯一の金銅製馬具。中国・北斉からもたらされた二彩陶器は、古墳からの出土例として日本最古。松見学芸員は「いずれも日本唯一、日本最古という肩書のつくもので、古くから続いてきた大陸との交流の歴史を感じてもらいたい」と話した。
 常設展示室の観覧料は、島内在住者は一般3百円、高校生以下無料(島外からの来館者は一般4百円など)。
 また博物館1階のミュージアムショップでは、亀形飾金具を3Dプリンターで作成したマグネット(580円)や、人面石クッキー(5枚入り720円)を販売している。
博物館3宝(展示されている壱岐の3大お宝)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/23

6種目で1級合格の快挙。壱岐商3年品川未歩さん。

壱岐商業高校の品川未歩さん(情報処理科3年)が、同校で5年ぶりとなる「資格試験6種目1級合格」を達成した。品川さんが合格したのは「珠算・電卓…

20182/23

マナヅルの北帰行始まる。深江田原、山崎で観察。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルが繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月中旬から本格化し、16日ごろから本市の芦辺町…

20182/23

議会報告会改革が難航。初の常任委員会主催も不評。質問者2日間延べ8人だけ。

本年度の議会報告会が13日壱岐の島ホール、14日勝本・かざはやで開かれた。今回からより深い討論をするために常任委員会の主催となり、13日は総…

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

ページ上部へ戻る