© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

アスパラ3億円突破 中村知事も祝福に来島

アスパラ(中村知事(中央)らが鏡割りを行った)

JA壱岐市(川﨑裕司組合長)の今年のアスパラガスの出荷額が約3億4900万円となり、初めて3億円を突破。12日に「アスパガス販売金額3億円達成」祝賀会がホテルステラコート太安閣で開催され、中村法道県知事ら来賓、生産者160人が目標達成を祝った。
壱岐のアスパラガス生産は昭和61年に那賀地区で露地栽培からスタート。平成元年にJA壱岐市アスパラガス部会が発足し、ハウス雨よけ栽培がスタートした。12年から化学肥料の低減技術や農薬削減技術への取り組みや紫外線カットフィルム・フェロモントラップの導入を開始、13年に県内初となる部会員全員でエコファーマーを取得、14年に黄色蛍光灯を設置するなど安全安心な作物づくりに取り組み、水稲・畜産・アスパラガスの循環型農業を構築。24年にはそれらの取り組みが認められて第41回日本農業大賞(集団組織の部)を受賞した。
25年は部会員90人、収穫面積13・7㌶、栽培面積14・1㌶、販売金額3億4884万4千円、10㌃当たり収量2665㌔といずれも過去最高を記録。反収は6年連続県下1位となった。
祝賀会で中村知事は「昨年の農業大賞に続く快挙で、生産者1人1人の大変な努力と関係者の熱意の賜物です」と敬意を表した。川﨑組合長は「品質向上、栽培技術の研さんに努め、さらに躍進を図りたい」と振興目標を栽培面積20㌶、反収3千㌔、総販売額6億円に置いた。
また祝賀会では、特定農業団体「芦辺湯岳生産組合」(35人、山川光代表)に特別功労表彰(県知事賞)、JA壱岐市アスパラガス部会の歴代部会長4人に功労者表彰、関係5社に感謝状贈呈が行われた。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る