政治・経済

CO2吸収量 36・6㌧分売れる 磯焼け対協のJブルークレジット

海の藻場が吸収する二酸化炭素量を認証し管理する認証組合、ジャパンブルーエコノミー技術研究組合(=JBE、神奈川県横須賀市)は本年度第3回購入申込者の公募結果を公表した。
壱岐市磯焼け対策協議会のクレジットに3社から購入申し込みがあり、認証されていた974・6㌧のうち、合わせて36・6㌧(税込128万7千円)が販売されたことがわかった。販売額から手数料を引いた額が同対策協議会に入り、今後の磯焼け対策に活用される。
購入したのは本市とサスティナブル・ツーリズムの推進などでエンゲージメントパートナーシップを結んでいる株式会社日本旅行(購入量1㌧)をはじめ、中電技術コンサルタント株式会社(同25・6㌧)、株式会社谷川建設(同10㌧)の3社。
残りのクレジットも現在、第4回公募が行われており、引き続き販売されている。
同協議会事務局の市水産課は「磯焼け対策を拡充させ、海藻の早期回復を図りたい」としている。

関連記事

  1. 3選出馬表明を持ち越す 白川博一市長
  2. 「市政に心血を注ぎ責任果たす」 白川市長が辞職を否定
  3. いきっこ留学改善を承認 運営委員会で検証続ける 10月1日から …
  4. 旧交通ビル解体工事始まる 8月末に撤去完了予定 台風の度に外壁等…
  5. 壱岐地区代表牛14頭を選考 メーン6区は弁慶3産子 7月7日 県…
  6. 県議補選は一騎討ちへ 説明会に2陣営出席
  7. バナナ園内にカフェ 観光農園にリニューアル
  8. 長崎コンシェルジュに2人認定 ビューホテル壱岐

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP