政治・経済

2議案を可決 市議会予算特別委

市議会予算特別委員会(中原正博委員長)が15日に開かれ、本年度一般会計補正予算案など2議案が賛成多数で可決された。
採決を前にあった議案審議で、「認定こども園整備事業」(1億7265万8千円)について、植村圭司委員が「着工しているように見えない。令和3年度事業の繰越しで、4年度に着工しないとおりない交付金と理解している」と手続き上の不備を指摘。
白川博一市長は「法令に従えば、植村委員の仰る通りだ。事務手続きは常に早く早くと急がせている。そういった中で思いがけない結果が出て顕在化した。今後、十分な検証をして取り組ませたい」などと述べた。

関連記事

  1. 藻場のCO2吸収量、クレジットに 三島、渡良周辺で繁茂の海藻約1…
  2. 第3区代表牛に「かの」号 第12回全国和牛能力共進会
  3. 音嶋議員が発言撤回も物議 指定管理者に「不動産ころがし」
  4. 日本郵便と協働体制構築を締結 社員1人を2年間本市に派遣
  5. 賛成多数で可決 認定こども園補助金
  6. 農事組合法人勝本に 知事賞 ながさき農林業大賞
  7. 長崎コンシェルジュに2人認定 ビューホテル壱岐
  8. 5~7月は3ゾーンへ 九州郵船の燃油調整金

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP