友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20156/6

大浜で書パフォーマンス 書道家・山口芳水さん

書道家として幅広い活躍をしている佐賀県在住の山口芳水さん(35)が、5月29、30日の2日間、石田町の大浜海水浴場で「書パフォーマンス」を披露した。
小学生時代からの同級生だった武富厚導さん(35)が今年3月から郷ノ浦町の長栄寺で務め始めたため、4月に武富さんを訪ねて初来島。壱岐の海岸の美しさにすっかり魅了され、「“青い”という文字のイメージが頭から離れず、この1か月間ずっと“青い”という文字ばかり書いていた。どうしても壱岐の美しい海岸でこの文字を書いてみたくなった」と4日前にこのイベント開催を決めた。
29日は12枚の「青い」を書き、海岸に建てたパネルに貼り出すパフォーマンスを行い、ドローンでの撮影も行った。この映像は中国や東京、大阪などで予定している展示会で披露される。
30日は小雨が降る中、大浜海岸に長さ9㍍、幅1㍍36㌢の大型書道紙2枚を広げ、海水で溶いた黒と青の墨汁で、やはり「青い」の文字を1枚には計300語句ほどを、もう1枚には1語句だけを書く「書パフォーマンス」で、作品「『青い』~Langage“blue”」を完成させた。
◆山口芳水 佐賀市生まれ。父・流芳さんが書道家だったことから、幼少期から父親に師事。大東文化大日本文学科(書道部)卒業。佐賀県書道展大賞など数多くの受賞歴がある。現在は書道教室を主宰しながら、佐賀県書道教育連盟師範、佐賀県書道展審査員などを歴任。NHKで美文字講座の講師を務め、歌手・河口恭吾さんと「歌と書のコラボレーション」開催、吉野ヶ里遺跡ポスター題字、各種テレビ番組題字、名護屋城博物館「日韓友好願い」で書道パフォーマンス「絆」「情」を披露するなど、斬新で幅広い活躍をしている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20212/22

改修費抑制へ 茅栽培。一支國研究会。

NPO法人一支國研究会は、原の辻遺跡王都復元公園の復元建物の屋根に使う茅(かや)を栽培し、本年度初めて本格的に収穫した。 同復元公園は…

20212/22

ふるさと納税約3億円。8年ぶりに前年度比減。

本年度の市ふるさと納税の寄附額は10日時点で9525件2億9896万円となり、3月末までに若干の上乗せされ、約3億円になることが判った。この…

20212/22

市独自で幅広い業種へ支援金。1事業者当たり20~30万円。前年同月比売上 20%減など条件。

市は10日、市議会定例会2月会議(17日)に上程する議案を発表した。一般会計補正予算案は、新型コロナウイルス感染症第3波に対応する市緊急経済…

20212/15

コケで癒し空間提供。美容室K`sの松嶋さん。

郷ノ浦町の美容室K`sの松嶋勝弘さん(55)は、店内にコケ類を植えた水槽を飾り、来店客を楽しませている。 新型コロナの感染拡大が始まっ…

ページ上部へ戻る