© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20156/6

大浜で書パフォーマンス 書道家・山口芳水さん

書道家として幅広い活躍をしている佐賀県在住の山口芳水さん(35)が、5月29、30日の2日間、石田町の大浜海水浴場で「書パフォーマンス」を披露した。
小学生時代からの同級生だった武富厚導さん(35)が今年3月から郷ノ浦町の長栄寺で務め始めたため、4月に武富さんを訪ねて初来島。壱岐の海岸の美しさにすっかり魅了され、「“青い”という文字のイメージが頭から離れず、この1か月間ずっと“青い”という文字ばかり書いていた。どうしても壱岐の美しい海岸でこの文字を書いてみたくなった」と4日前にこのイベント開催を決めた。
29日は12枚の「青い」を書き、海岸に建てたパネルに貼り出すパフォーマンスを行い、ドローンでの撮影も行った。この映像は中国や東京、大阪などで予定している展示会で披露される。
30日は小雨が降る中、大浜海岸に長さ9㍍、幅1㍍36㌢の大型書道紙2枚を広げ、海水で溶いた黒と青の墨汁で、やはり「青い」の文字を1枚には計300語句ほどを、もう1枚には1語句だけを書く「書パフォーマンス」で、作品「『青い』~Langage“blue”」を完成させた。
◆山口芳水 佐賀市生まれ。父・流芳さんが書道家だったことから、幼少期から父親に師事。大東文化大日本文学科(書道部)卒業。佐賀県書道展大賞など数多くの受賞歴がある。現在は書道教室を主宰しながら、佐賀県書道教育連盟師範、佐賀県書道展審査員などを歴任。NHKで美文字講座の講師を務め、歌手・河口恭吾さんと「歌と書のコラボレーション」開催、吉野ヶ里遺跡ポスター題字、各種テレビ番組題字、名護屋城博物館「日韓友好願い」で書道パフォーマンス「絆」「情」を披露するなど、斬新で幅広い活躍をしている。

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201810/19

自動運転特区に名乗りを。

日本の株式市場で時価総額トップのトヨタ自動車と、2位のソフトバンクが自動運転やライドシェアなど次世代の移動サービス事業で手を握った。4日、豊…

201810/19

割石前団長が急きょ辞任~新消防団長に岩永章さん。若者に魅力ある消防団を目指す。

市は12日、市消防団長に岩永章元副団長(65=農業、郷ノ浦町在住)を任命し、白川博一市長が委嘱状を手渡した。11日に割石賢明団長(66)が退…

201810/12

女子郷ノ浦が4連覇。男子勝本は全員区間賞。市中体連駅伝大会

市中学校体育連盟駅伝競走大会(男子55回、女子38回)が4日、筒城浜ふれあい広場ジョギングコース(1周1000㍍)の周回コース(男子6区間2…

201810/12

もしもの航路問題に備えて。

決して対岸の火事とは言えない出来事だった。上五島町の五島産業汽船が2日、全4航路で突然の運行停止となった問題だ。同社の負債総額は関連会社も含…

201810/12

イルカパーク入園者100万人~10月7日、オープン23年目で達成。再整備 も着手へ。

勝本町の壱岐イルカパークは7日、入園者100万人達成記念セレモニーを開いた。同園は平成7年4月1日にオープン。原則として年中無休で営業を続け…

ページ上部へ戻る