地域情報

海水温が過去最高。9月初めまで高水準。

猛暑となった今年、海水温が8月中旬から過去最高の水準で推移しており、台風の勢力が増したり、海藻への影響が懸念されている。

福岡管区気象台が観測する壱岐と九州本土間の海峡「壱岐水道」の海面水温を見ると、7月初旬から8月初旬まで過去5年間の平均を下回っていたが、8月9日から急上昇し、1週間で2・7℃上がった。

16日からは、海藻のアラメ・カジメが大量に流出した2013年と並び連続17日で29℃を超えた。13年は8月中旬から低下が見られたが、今年は25日以降も高いまま続き、記録が残る1982年以降、最も高くなった。原因は地球温暖化や8月までの台風が少なく、海水がかき混ぜられなかったことなどが考えられている。台風9号が通過した3日以降は急激に低下し、平年並みの水準に戻った。

台風は海水温が26・5℃以上で発生するとされ、水蒸気が上昇気流となって渦を作り、台風へと発展する。海水温が高ければ、水蒸気がエネルギー源となり、台風の勢力がより発達するとされる。

市水産課は、「アラメ・カジメはすでに壱岐沿岸にほぼない状態だが、各漁協などに網囲いなどして食害を免れたものもあり、海藻への影響が懸念される」としている。

関連記事

  1.  病院企業団加盟を市医師会が了承 近く県に加盟要望書を提出  市…
  2. 西村、長嶋さんが受賞。県高体連卒業生顕彰。
  3. 壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。
  4. 対立候補支援業者の指名外しで、白川市長、中原副市長不起訴。長崎地…
  5. カウントダウン、初日の出 華やかな新年の幕開け
  6. 壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。
  7. 特別企画展「イキものがたり」 コウノトリから河童まで60点
  8. 芦辺地区第1分団 驚異の218点(ポンプ車) 郷ノ浦地区第7分団…

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP